ここから本文です

ウィンターズ・ボーン (2010)

WINTER'S BONE

監督
デブラ・グラニック
  • みたいムービー 1,172
  • みたログ 1,258

3.55 / 評価:413件

寄り添って観た

  • a.s.music さん
  • 2014年10月5日 18時56分
  • 閲覧数 1188
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レンタルDVDで鑑賞。



貧富の差が拡大中の2013年日本では、

同じような窮地に見舞われた少年少女が少なくないはずだと思う。

ネットカフェに泊まれても、幼い弟妹を抱えてはつらい。

この映画のヒルビリーの人々ような掟は無いかもしれないが。



私はジャック・リヴェット「美しき諍い女」や青山真治「ユリイカ」のような

長い映画が好きだ。

数時間、その世界に寄り添っていられる。



ロードムービーが好きだ。

「パリ・テキサス」が好きだ。

ヴィム・ヴェンダースの「ベルリン天使の詩」では、

天使が人々に寄り添い、心の声を聞く。



シーンがぴょんぴょん飛ばないから、

主人公リーの心がよくわかった。

だから私には良い時間だった。

天使のように肩に手を置き、希望を与えることはできないが。


親類たち、ご近所たちの無愛想な援助。
「気にかける」とはああいうことだと思った。
リーの行動は、周囲に響いたのだと思う。
「温かさ」や「愛」のずっと手前で。
それが良かった。

あと弟と妹の無邪気さがとてもかわいい。

(T-SITEより引越 転載)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ