ここから本文です

ウィンターズ・ボーン (2010)

WINTER'S BONE

監督
デブラ・グラニック
  • みたいムービー 1,172
  • みたログ 1,258

3.55 / 評価:413件

決して暗いだけの映画ではないと思う

  • よだか さん
  • 2015年2月25日 23時22分
  • 閲覧数 1331
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

私自身、田舎に住んでいるのであの舗装されていない砂利だらけの道、冷たい風が吹くと生え放題のすすき?が寂しい乾いた音を鳴らすあの感じ…なんとも言えないわびしさが良く分かりました。

主演のジェニファーローレンスはもちろんのこと、ちょっとした脇役でさえ田舎の荒みきった空気感、虚脱感やその人となりをかすかににおわす好演だったと思います。

映画としても変にシーンをころころ変えず主人公達の心情を丁寧に映しとっていたと思いました。変な音楽も無くてよかった。

貧困層の教育、米軍の志願者の実態や麻薬製造で生計をたてる暮らし、コミュニティの掟など詳しくは描かれてはいませんが、どれも現実なので説得力があります。

ラスト、一連の出来事を経てリーは改めて家族を支える覚悟を決めたと思います。そこには決して暗いだけでなく未来へのささやかな期待を感じたのは私だけでしょうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ