レビュー一覧に戻る
再会の食卓
2011年2月5日公開

再会の食卓

APART TOGETHER

962011年2月5日公開

kaz********

3.0

それぞれの愛の深みがない。がっかり。

なんとなく気になり、水曜サービスデーにて鑑賞。観客30人に対し、隣のスクリーンの同時刻上映『トスカーナの贋作』はほぼ満席と差がありました。 上海に住むある一家の元に、台湾から初老の男性が訪れます。その男は祖母のかつての恋人であり、長男の父親でもある人物。孫娘が危惧した通り、平穏だった家族の生活に大きな変化が訪れます。 こんな悲劇が発生する要因となった戦時中の背景、語られはしますが、祖母を残して去らなければいけなかった切実な事情はわからずじまい。数十年前に二人の間にどのような愛がうまれたのかもあまり伝わってきません。 せっかく取り上げた題材は素晴らしいのに、完全に調理不足で、まるで半生の食材を提供されたような気分です。 本作を鑑賞されるのであれば、似たような境遇を描き、溢れ出る涙が止まらなかった昨年の作品、『海角七号 君想う、国境の南』という作品をオススメさせて頂きます。

閲覧数354