レビュー一覧に戻る
再会の食卓
2011年2月5日公開

再会の食卓

APART TOGETHER

962011年2月5日公開

gar********

1.0

脳梗塞の病人に酒を飲ますな(笑)

滅茶苦茶(笑)40年ぶりというが49年に別れたなら60年前位。少なくとも80前後の年齢になる。普通連れていかんだろ(笑) 大体半世紀も音沙汰全くなくて突然来て連れて行くというのもあり得ないし、元国民党の兵士とはいえ少なくとも80年代なら簡単に大陸に入れたはずだ。 しかも音沙汰全くなかったのに一緒に行くことが当然という前提の不可思議さ(笑) それについて家族会議する時の家族の異常な分別の良さ(笑) 時代考証も流れも突っ込みどころ満載。 無理にはしゃいだ後は倒れるんだろうなぁ、と思ったら定石通り倒れる。 食卓という割には料理に言及する場面がほんの少ししかない。 (台湾から帰ってきた)イェンションが「自作の歌だ」と人前で初披露する歌を一緒に歌い出すお母ちゃん(笑) 元気になってほしいとイエンションが料理をつくり、脳梗塞で倒れた翌日か翌々日には食卓で普通に酒を飲んでいるご主人(笑) カットの構図も不自然な程きっちりフレーム内に全員が収まる。 なによりもいらっときたのが演者のアドリブと明らかにわかるホント要らないサービスカット(笑) 不必要に上海市の説明シーンがあったり、文革にやたらふれるシーンや軽い毛沢東批判も入っていた。 国策映画とまでは言わないが、保守左派(毛沢東派)と戦ってきた胡錦濤政権の最後っ屁のような雰囲気がプンプン臭う。 とにかくちゃんと作れよ!(笑) 「ウォーアイニー」みた後の中国映画だったので少し期待したが爽快なくらい裏切られた(笑) なによりも一番驚愕しているのが、評論家さん、弁護士さん、国立大学の教授さん達がこぞって高評価しているレビュー。信じられん(笑) お隣さんも色々やばいが、日本もやばいぜ(笑)

閲覧数979