レビュー一覧に戻る
再会の食卓
2011年2月5日公開

再会の食卓

APART TOGETHER

962011年2月5日公開

dkf********

3.0

雰囲気が良いだけに・・・

邦題どおり、何度も食卓を囲むシーンが出てくるが、中国人にとってどれほど食事が大切か、彼らがどれほど家族で食卓を囲むことを重要視しているかが良くわかる。実際、いろんな中国映画に出てくる食事のシーンがどれも美味しそうに見えるのは、彼らの「食への思い入れ」の強さが映像に現れているのだと思う。 中国映画のエッセンスにあふれた佳作とは思うが、この作品最大の欠点は、肝心の登場人物たちの心理描写が甘いことだろう。何故現在の夫は物わかり良く妻を譲るのか、何故妻はそんな簡単に今の生活を捨てられるのか、何故台湾から来た元夫は最後になって話を反故にするのか(ただの人騒がせもいいところだろ?)、その辺の微妙な三角関係の深層心理に踏み込まれることがなく、あっさり描かれ過ぎていて、いまひとつ説得力がない。結局、主題は何だったのか?と思ってしまう。全体の雰囲気が良いだけに残念感が強い。 この監督の作品は初めて観たが、なかなかの才能の持ち主だ。ジャー・ジャンクーほどのクセもないので、そのうち決定打となりうる傑作を生みだしそうな予感がする。

閲覧数603