2011年2月26日公開

アンチクライスト

ANTICHRIST

R18+1042011年2月26日公開
アンチクライスト
3.0

/ 313

11%
25%
31%
19%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(140件)


  • Idz

    3.0

    考察が楽しめる作品

    アンチ(悪)>神 3人の物乞いが導く顔のない女たち・・・ ドッグヴィルのほうが面白いかも。

  • gon********

    5.0

    「女こえー!」で済ませる男が怖い

    と私は思いました。 男が怖いというと少し違うでしょうか。 男女の性質の違いそのものが怖いといいますか。 よく、男と女は別の生き物であるとかそういうことが言われますが、この映画ではそういう男女の隔たりをも描いているように思います。 タイトルからも分かる通り、宗教色の濃い映画であるので、素養のない人間がただのホラー、サスペンスとしてこの映画を評価するのは違うと思います。 私はそういった意味ではこの映画に対して考えが至らないと思い、ただのホラー、サスペンスとしての低評価が気になったために星5つとしました。 この映画が良いか悪いかはこの映画の全てのピースがきちんと理解できる方のレビューを参考にして下さい。 『三人の乞食、楽園追放、善と悪、エデンの園』などがヒントになるようです。 以下、キリスト教とは何たるか、が分からない人間の個人的感想です。 タイトルに戻りますが、この物語の中では、女性は我が子を亡くし、女性は自分の罪をひたすら苦悩しているのに対し、男性は我が子が死んだことも妻が病んでしまったことも、最後までまるで他人事のようです。 男性は自ら妻のセラピーを買って出、それは一見すると妻に寄り添っているようですが、それは男性側の勝手な物の見方で、妻であり母である女性としてはそんなものは微塵も求めていません。 男性に自覚があるのか無いのか、妻のセラピーを買って出たのは妻への愛ではなく、自分のセラピストとしての自己顕示欲のためではなかったかと私は思います。 この映画の中で、妻が本当にして欲しかったのは、自分に対するセラピストとしての治療ではなく、子どもの父として自分の夫として、子どもの死を一緒に苦しみ悼んでくれることだったのではないでしょうか。 子どもや妻に対する無関心は、妻の台詞や、子どもの検死結果を見るまである事実に気付かないといったところで表現されています。 そして、子どもや妻に対する無関心が最終的に妻を追い詰め、悲劇を生んでいるということに、映画が終わってもなお、夫は最後まで気付かない。 夫が映画の中で過去の自分を省みる様子は一度もなく、最後まで自分はただの被害者であり、悪いのは妻であり女。 ‥‥‥恐ろしい。 『女性は生まれながらに母性があるのが当たり前。女性が母性より女性を優先させると世紀の大悪党のように断罪されるが、男性は父性がなくても父性より性欲が優先でもそれが当たり前』 女性も動物である以上、性欲があり、だから子孫繁栄できるのに、性欲があることは女性において恥ずべきこととされるような風潮もあります(キリスト教においては性欲で行うSEXはまんま悪だそうですね) 母性と女性(性欲)、この映画の妻はまさにそうしたことで葛藤していたのではないでしょうか。 子どもが可愛いはずなのに、時に煩わしく感じてしまう自分、自分や子どもに無関心な夫をある種忌み嫌いながらもSEXできてしまう自分、子どもが亡くなって心底悲しいのに子どもの受けた痛みよりどこか自分の痛みのほうを優先しているように感じられる自分自身‥‥‥ そうしたことにまで思いを馳せてしまう私自身がメンヘラ気質であるのは否めませんが、考えすぎる女性に対し、「考えすぎ、気にしすぎ」で一蹴しがちな男性や、女性に母性を押し付けて我関せずな世の中の風潮には疑問を感じざるを得ません。 子育てというフィールドで女性の生まれながらの母性や細やかさを求めることと、社会的立場で合理性を求めること、その両立の困難さや矛盾に気付いて頂きたいと一女性として思います。 ‥‥‥と、少し脱線しましたが、「女こえー」で済ませるには、些か勿体ない映画であることは確かだと思います。

  • bel********

    2.0

    暗い。退屈。地味。面白くない。

    女は怖いのか。怖い女なのか。 怖い女の映画だと思いたい。 低予算で撮られたであろう映像。 演者の力量を測るのが難しい演出。 いやらしく見えるけど、 でもそれほどでも無いような。 評価をつけるのに悩みましたが、 映画として面白く感じませんでしたので 心のままに評価は星2つでお願いします。

  • やふこ

    3.0

    ネタバレはい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    3.0

    ネタバレ意表を突くザ・キ○ガイ女のやること為す事

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 芳醇ジャスミン

    4.0

    女という呪い

    子供が心配で研究に没頭できなかった。夫が妻を救おうと私物化している。 主人公はそんな夫と子供を無意識下で疎ましく思ってるのかもしれない。そして絶対に失いたくないと思っている。 それは全て女という性のせい。苦悩させるそれはだから悪魔。男に所有物のように愛され、子供に仕えるように愛せと神にかけられた呪い。そんなことを感じた映画。 痛そうで怖かった。。。

  • yok********

    4.0

    描き方が怖い。

    愛する者を痛みつけるのが最高の快楽?それを求めるものはキリストの敵? 作中、この夫婦は一度も神に縋らなかった。 キリストの世界観がよく分からないので作品を充分には理解しがたいが、ホラースリラーとしては素晴らしく美しい作品でした。

  • zun********

    3.0

    アンチクライストは夫?

    見ようによって浅くも深くもとれる映画。 アンチクライスト(Anti Crist)の意味を調べると、語源はギリシャ語のαντί(anti, in place of) + Χριστός (Christos, Christ)とあり、アンチは単なる「反対の」とか「対抗して」に留まらず「取って代わって」という意味があるのがポイントかなと思いました。 つまり、アンチクライストとは、クライストのふりをして周りをだまし、クライストに取って代わろうとするもの・・・この物語で言うと、自分が万能であると過信して妻を治療(≒コントロール)しようとする夫ではないのか?と思いました。 一見すると息子を失ったショックから発狂して我を失い夫に暴力まで振るう妻がクレイジーで怖いね、という印象で終わってしまいそうですが、よく考えれば最愛の息子を失い妻は精神を病むほど弱っているのに終始妙に冷静な夫も奇妙であります。 もっと勉強しつつ深く考察すれば、いろいろな示唆が得られそうな映画です。 Gyaoで無料だったので見ましたが、ボカシがでかすぎて物語で重要な部分が分かり辛くなっているのが残念。 映像美や音楽は終始ゾワゾワ、どんよりとしたジャパニーズ・ホラーのような嫌な後味を演出していてグッド。 それでいて森の音や自然美は不思議と癒やされるような感覚もあります。

  • ty_********

    1.0

    非常に大したことない

    ネット上のレビューがあまりにも衝撃だのグロいだの震えるなど列挙されていたので随分期待しましたが、非常に大したことないです。 内容も薄いし、震えるようなシーンも特に無いし、この作品の程度でグロいといってんだったら普段どんだけ綺麗な映画ばっか見てんだという感じです。 あと修正版無修正版だの言ってますが、そういうとこはどうでも良く、そもそも直接的な描画をすりゃいいってもんじゃ無いですよね映画は。 唯一、役者はよく頑張りましたという印象だけです。 ジャンルは違えどたまたま同じタイミングで観た「少年は残酷な弓を射る」や「レクイエム・フォー・ドリーム」「ジェイコブス・ラダー」などと比較するとそれらが秀で過ぎていて、こちらが随分劣って見えました。

  • ind********

    2.0

    なんか難しそうなたいとるだけど・・・

    なんか・・・難解な・哲学的な・・みたいに見えるけど、野坂昭如の「男と女の間には、深くて暗い川がある・・・」という内容のホラーエンターティメントなんじゃあないかなあ?これって。 アンチクライスト=反キリストで、イエス・キリストに化けて背信行為を行うもの・・・ということらしいですが、この夫婦があたかも普通ぶってくらしているけど、子供の不慮の死をきっかけに、その腹の中が暴かれる、ということらしい・・という理解でいいのかな? それでも、ホラー色で味付けしたミステリー、として観ればいいのでは。外連味のない映像の連打に、何か監督の爆発みたいなものを感じるけれど、DVDに入っている他作品の予告の中に、園子温監督の「冷たい熱帯魚」が入っていて、どちらも極めて暴力的な表現をとっている点、この時期の制作ムーブメントの方向だったのでしょうか? そして、こいうこれまで躊躇していた表現を取り上げる、という逸脱性は、奇しくもトランプや極右勢力の台頭を予見させるように見えて、その点、作品の出来とは別に興味深かったように思います、世界の空気が映像作品に反映する、というような。 過去の作品を、今見るには、こういう楽しみ方もあったのか、ということでした。 ホラーのようですから、そういう方向が苦手、という方にはお勧めしませんが、プレビューを見ているうちに、怖いもの見たさで観ちゃうのでは・・・。

  • 北鎌倉

    5.0

    キ教世界の歴史暗部への批判か

    魔女狩りで殺された無罪の女性たち(?)が最後に群れとなって具現化し、主人公であり幻想世界を否定するセラピストの前に現れるのは、そうやって無実のまま殺されたキリスト教世界の犠牲者へのオマージュか? キンタ●が揺れる合体部分のクローズアップの冒頭から、リアルすぎる絵がつづくなか、最後は幻想世界に引きずり込まれる男の変容がおもしろい。森の深い、暗い北欧のキリスト教徒だからつくれた興味深い作品。

  • 夕霧ナナカ

    1.0

    ネタバレグロ注意のB級

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • njj********

    2.0

    ネタバレリアリティ不足

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • l_3********

    2.0

    ネタバレ奥さまは魔女

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • なつ

    3.0

    DVD

    結局何の物語なんだろう、、、 と理解不能な映画だったけど、残酷なシーンや映像美は良かった。引くくらい残酷だったが。普通の人には鑑賞できないだろうな、、笑

  • kzn********

    1.0

    最悪

    気持ち悪い。最悪。もう一回観たらいいわ。何にも学ぶこともないし。

  • 一人旅

    4.0

    反キリスト/教会の欺瞞

    ラース・フォン・トリアー監督作。 幼い息子を事故で失った夫婦の苦悩を描いたドラマ。 『奇跡の海』(1996)『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)のデンマーク出身の鬼才ラース・フォン・トリアー監督による問題作。主演はウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブール。文字通りの体当たり演技で子を失った夫婦の極限の苦悩を体現しています。ちなみに、ゲンズブールは本作の熱演によりカンヌ映画祭で女優賞を受賞しています。 セックスに夢中で幼い息子が窓辺から転落死したことに気付けなかった夫婦。深い悲しみと罪悪感に苛まれた妻は次第に精神を病んでいく。そんな妻を支えるため、セラピストの夫は妻を森の中の山小屋に連れ出すが…という“子を失った夫婦の葛藤と苦悩”を、日本ではR-18に指定された過激な性描写+暴力描写で4つの章に分けて映し出しています。 とりあえず単純明快な作劇ではありません。いつものフォン・トリアー節が炸裂した暗喩に富んだ難解・悪夢的なお話です。タイトルの「アンチクライスト」が示す通り、基本的にはキリスト教的価値観に対する批判の精神が根底に流れています。中世キリスト教の欺瞞、例えば魔女狩りといった女性をターゲットにした無慈悲な教会の歴史を妻は研究の過程で知るのです。そうした、女性を悪と見なしていたキリスト教的価値観にどっぷり浸かった妻は、息子を死なせてしまったことと同時に自分が女性であるという揺るぎない事実に極限の罪悪感を感じています。自分は女性であるがゆえに悪、という時代錯誤な思考が徐々に妻を蝕んでいくのです。女性=悪を妄信する妻は理性的な言動を貫く夫=善とは対照的に本能的な言動(肉欲・暴力)を取り続けます。言うなれば、神(善)と悪魔(悪)の代理戦争のような様相で夫と妻は激しく衝突し合い、やがて崩壊を迎える。ただ、決して女性を悪と見なしたいのではなく、女性に対する教会の認識通りに悪に徹し続ける妻の姿を通じてキリスト教本来の女性蔑視的価値観を糾弾してみせているのです。妻が中世魔女狩りを再現したような末路を迎えてしまう点を考えても、教会の欺瞞を抉り出したい監督の意図は明白です。 また、現実と幻想がない交ぜにされた独特の映像世界も特徴です。舞台となる鬱蒼とした森と山小屋(その名もエデン)は妖しく絶望的な空気が充満していますし、鹿・キツネ・カラスといった野生動物に人間の苦悩(悲嘆・苦痛・絶望)を象徴させる、さらには野外セックス中の夫婦の周囲に無数の手が伸びるなど暗喩・象徴に富んだ映像に目を見張ります。

  • fg9********

    4.0

    ネタバレ無性に『なまいきシャルロット』が恋しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • snt********

    1.0

    やっちまったな!

    この監督の映画、最悪の気分にさせてくれるけどなんか見ちゃう。 トラウマムービーの天才。 隣で観てた嫁が、本気で観なきゃよかったって言ってました。 中盤、夫婦のやり取りの場面変化なしで、俺は眠くなりました。 タルコフスキーに捧ぐって出てたので、納得 後半、カオスなグロシーンと神秘的な悪魔表現がありますが、 まー頭にこびりつきます。 あーホント観なきゃよかった、でも見ちゃう。 大人が子供に見せたくないもの、、、コレです! 映画としては、映像もキレイですし、比喩的な考えさせられるストーリーで 面白いです。 ただ、オススメしません(笑) キングダムからのファンで、いつも最高に胸糞悪い気分にしてくれます。 愛情込めての1点です!

  • yyy********

    3.0

    これが女性の本性?

    言っていることはわかりますが… 共感はできませんでした。 これだけが女性の本性だとしたら、誰も母親になることはできません。 それに、母親になってはいけません。 主人公の女性は、自己管理ができず、甘えすぎなところがあると思います。 度が過ぎていると思います。 この映画で描かれている本性もあると思いますが、もっと、母性とか人間的知性とか、大半の女性が兼ね備えていると思います。 映画自体は嫌いではないので星3です。

1 ページ/7 ページ中