レビュー一覧に戻る
アンチクライスト
2011年2月26日公開

アンチクライスト

ANTICHRIST

R18+1042011年2月26日公開

zun********

3.0

アンチクライストは夫?

見ようによって浅くも深くもとれる映画。 アンチクライスト(Anti Crist)の意味を調べると、語源はギリシャ語のαντί(anti, in place of) + Χριστός (Christos, Christ)とあり、アンチは単なる「反対の」とか「対抗して」に留まらず「取って代わって」という意味があるのがポイントかなと思いました。 つまり、アンチクライストとは、クライストのふりをして周りをだまし、クライストに取って代わろうとするもの・・・この物語で言うと、自分が万能であると過信して妻を治療(≒コントロール)しようとする夫ではないのか?と思いました。 一見すると息子を失ったショックから発狂して我を失い夫に暴力まで振るう妻がクレイジーで怖いね、という印象で終わってしまいそうですが、よく考えれば最愛の息子を失い妻は精神を病むほど弱っているのに終始妙に冷静な夫も奇妙であります。 もっと勉強しつつ深く考察すれば、いろいろな示唆が得られそうな映画です。 Gyaoで無料だったので見ましたが、ボカシがでかすぎて物語で重要な部分が分かり辛くなっているのが残念。 映像美や音楽は終始ゾワゾワ、どんよりとしたジャパニーズ・ホラーのような嫌な後味を演出していてグッド。 それでいて森の音や自然美は不思議と癒やされるような感覚もあります。

閲覧数1,512