ここから本文です

装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE -ケース;アービン- (2010)

監督
五十嵐紫樟
  • みたいムービー 4
  • みたログ 14

3.25 / 評価:8件

良かった。

  • pre***** さん
  • 2015年12月29日 0時30分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2015年12月29日

脚本が良かった。
多分、戦場でのトラウマで敵を殺せなくなった主人公が、妹を守るために敵と戦って倒すんだろうな、でも、それで出来るようになることが人を殺すことってどうなんだ?
と思って見ていたら、そんな甘い話じゃなかった。

主人公の過去を唯一人、肯定してくれたのが、自分だけの特殊なルールで生きるイカれたライバル。でも主人公はそんなルールで生きていないからこそ、トラウマに苦しみながらも、人間性を保って生きていられる。
結局、主人公は妹を守るためにライバルと戦って倒すが、それは、妹を守りたいという強い気持ちや、トラウマを乗り越えた結果ではなくて、ただ、自分の身を守るためにトラウマを負った時と同じことをしただけ。
最後、絶望した主人公が自殺しようとするのを救ったのは、主人公が否定してるルールに則ったライバルの行動……。

希望は、主人公の過去を知っても「おかえり」と受け入れてくれた妹の存在。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ