ここから本文です

新☆四角いジャングル 虎の紋章(タイガーエンブレム) (2010)

監督
山本芳久
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

1.00 / 評価:1件

真・タイガーマスク 序章(プロローグ)?

かつて『四角いジャングル』という映画があった。
それは梶原一騎先生が現実の格闘界の流れと同時進行で
フィクションを織り交ぜた漫画、実写映画とマルチ展開させた作品だった。
アントニオ猪木とウィリー・ウィリアムスの異種格闘技戦を主軸に
マーシャルアーツ(全米プロ空手)のベニー・ユキーデ他
多くの格闘家が実名本人役で登場する一大格闘絵巻だった。

それを梶原一騎先生の実弟であり空手家で作家
ステゴロ(素手の喧嘩)最強神話を持つ真樹日佐夫先生が蘇らせたのが
本作『新☆四角いジャングル 虎の紋章(タイガーエンブレム)』
この作品はオリジナル以上にフィクション要素が強いが
真樹先生をはじめ初代タイガーマスクの佐山聡、元キック王者の藤原敏男や
菊田早苗、野地竜太、伊藤隆などの格闘家が実名本人役で出演している。
それに加え架空の格闘家ではあるが新日本プロレスの棚橋
総合格闘家のミノワマン、パンクラスの鈴木みのる、藤原組長なども出演し
現実の5代目タイガーマスク誕生の秘密を描くのだから興味深い。

5代目タイガーマスク
そうタイトルにある【虎の紋章】とはタイガーマスクのことなのだ!
この映画は『真説タイガーマスク』とはまた別の形の真樹版タイガーマスクなのだ!!

これを知ったらタイガーマスクファンならば我慢出来ないのではなかろうか?
かく言う私もその一人だった・・・だが、だからこそ言おう!

出来るならば観ずに我慢しろ!
それでも我慢出来ないならば覚悟して観ろ!

この映画はタイガーマスク映画ではあるが四角いジャングルなのだ!
タイガーマスクは登場するが最期の5~10分くらいだ!
一応初代タイガーとタッグを組んだデビュー戦で締めるのだが
それすらダイジェストなのだ!!

残りの殆どは先に述べた格闘家たちの素人レベルの演技を
格闘家以上に素人レベルのスタッフが撮ったホームビデオ的映像の垂れ流しなので
格闘技ファンならば違う意味で価値を見出せるかも知れないが
漫画やアニメのタイガーマスクファンや一般の映画ファンなら激怒物なのだ
何せあの『真説タイガーマスク』がアカデミー賞級の名作に見えるのだから

出来るならば観ずに我慢しろ!
それでも我慢出来ないならば覚悟して観ろ!


ただ考えると
かつて仮面ライダー20周年記念で製作された
『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』という作品があり
仮面ライダーでありながら変身ベルトもなければバイクにも乗らない
私は好きだが多くの仮面ライダーファンには微妙な作品だったが
これは飽くまで【序章】だから【続編】の【本章】では
仮面ライダーらしくなるのだろうという期待があったではないか
(残念ながらその続編企画はお蔵入りして永遠に序章のままだが)

そう本作はあの仮面ライダーのように
『真・タイガーマスク 序章(プロローグ』と言うべき作品で
真樹先生が2011年中に製作すると発表した実写版タイガーマスクとは
漫画やアニメの実写版ではなく本作の続編かも知れないのだ

そう考えたら本作の内容でも納得が・・・・行くかっ!!

先生!真樹先生!!

お願いですから!それだけはやめて下さい!(土下座)

お願いですから実写版タイガーマスクは伊達直人物語のまま行って下さい!(土下座)

真樹版ではなく梶原版タイガーマスクでお願い致します!(土下座)

批判はしてもこの作品も好きだから!お願い致します!

・・・もし私が心配したとおり

実写版タイガーマスクが本作の続篇になるのならば!!

私は!(涙)

私は!(涙)

私はあああああああああああああああああああ!(涙)


また覚悟して観させて貰います♪(笑)

どう転んでも虎が好き♡

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ