レビュー一覧に戻る
一枚のハガキ
2011年8月6日公開

一枚のハガキ

1142011年8月6日公開

go-kart

4.0

生々しい魂の映画

独立プロダクションらしい、スマートではない独特の味わいが、人によっては違和感を感じるかもしれないが、一度は観ておくべき作品である。 同じ戦争ものでも『男たちの大和』や『永遠の0』のような"メロドラマ"がお好きな方には強くは薦めないが。 庶民のズルさや女の強かさ、人間の動物的な面………時には嫌悪感さえ抱く場面もあるが、根底に流れる生命の讃歌が、暗くなり勝ちな題材をユーモアを絡めて料理しているところは、老齢なれど創作への貪欲さを失っていない監督の真骨頂であり、こういう作品に出逢えた事を嬉しく思う。 低予算という事情もあるが、とにかくシンプルな作品であり、センスに溺れるような事も、器用さがハナにつくこともなく、御大の開き直りが愉快にもなった。

閲覧数1,217