レビュー一覧に戻る
一枚のハガキ
2011年8月6日公開

一枚のハガキ

1142011年8月6日公開

fg9********

3.0

多少風情が損ねられた

 …巨匠新藤兼人監督が100歳真近に撮った遺作ということもあり、評判は相当に高い。  あらすじは解説のとおりだが、戦地に赴こうとする夫に、ある日妻から一枚のハガキが届く。  その文面は、  「今日はお祭りですが、あなたがいらっしゃらないので、何の風情もありません」というもの。  この内容からも今後の期待度大であったが、夫が村人から万歳三唱で送られて出兵したと思ったら、アッと言う間に戦死して白木の箱に納められて戻って来たシーンには、丸でコメディでも観ているような気持ちになって唖然としたが、大竹しのぶの演技に魅せられて気を取り直して再び観始める。  しかし、映画を観ているというよりは演劇を観ているような気分に陥り、大竹しのぶ(普段は好きな女優なのだが)の演技も演じ過ぎというか大仰に感じられて、多少鼻に付き始める。  戦争の残酷さ、愚かしさ、また、籤で人の生死が決められた馬鹿らしさなどは十分伝わって来たが、婚礼の儀式?での意味不明の大蛇の舞のシーンには興醒めしてしまった。  悪くはないのだが、演劇っぽい作品はどうにも自分の性分とは合わず、「何の風情もありません」とまでは言わないまでも、多少風情が損ねられたので☆三つとした。

閲覧数1,479