2011年1月15日公開

サビ男サビ女

912011年1月15日公開
サビ男サビ女
2.9

/ 67

12%
15%
40%
21%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

他人の応援が生きがいの女子大生チハル(桜庭ななみ)は友人のサナエ(川村エミコ)、マミコ(白鳥久美子)と3人でハゲマシガールズを結成し、周囲の人を励ましていた。今シーズン不調の野球選手・小金崎(長野克弘)や部下を叱って自殺させてしまった星村(村杉蝉之介)を、歌って踊って励ます彼女たち。ある日、チハルは小金崎が3人組の女の子におちょくられて引退を決意したというニュースを見る(『ハゲマシガールズ』より)。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(25件)

コミカル20.8%楽しい18.2%かわいい16.9%笑える16.9%不思議6.5%

  • nyj********

    3.0

    小泉今日子の貫禄勝ちですねー

    変な主人公たちが引き起こすくだらない映画の集まりでした。普通に観れるのはラストだけです。小泉今日子が可笑しくて最高です。リストラ会社員と捨て猫を同じように見る彼女の笑顔がいいですね。

  • wha********

    3.0

    第一話のハゲマシガールズが好きです。

    『全然大丈夫』が好きで、藤田 容介監督の他の作品見たさにこれをレンタルしました。 桜庭ななみさんは確かにかわいくてきれいなんですが、藤田監督の独自のキャラいじりで、2倍にも3倍にも魅力的に見えて来るから不思議です。 女性の好みのタイプが似ているんじゃないかと思うくらい。 『全然大丈夫』の木村佳乃さんも、よかったです。 ハゲマシガールズの桜庭ななみさんは、ユニフォームからのぞく二の腕が太く見えて、ぽっちゃりしてるように見えるし、後半のビル屋上のシーンでは、ライティング演出で彼女の鼻の下から当てられた反射光によって、丸いぶたの鼻みたいにくっきり鼻の穴が見えて、かわいいプチブスって感じで、親近感沸いてよかったです。 たんぽぽのコンビとグループでいる事で余計、変な女子仲間っぽさ、ブス仲間っぽさが出てきてよかったです。 あと、過去はネクラでひきこもりだったってシーンで、即席めんにマヨネーズかけてバリボリ食べるのも素晴しかった。 (何かを捨てちゃってる目とか顔つきもよかった。) ぼくは完璧な美女、美少女より、変な女子が好きなんだと思います。監督の作品で開眼させられた気分です。 次は、『福福荘の福ちゃん』をレンタルしようと思ってます。 主役が 大島美幸さんだったので最初、気にとめてなかったですが、藤田 容介監督作品と知って見たくなりました。脇役に女性が出てくるんで、そこらへんのキャラがどうなってるか楽しみです。

  • whh********

    3.0

    ネタバレこのままでいいよね〜と。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sum********

    4.0

    変なオムニバス

    変なオムニバスと書きましたが私は結構すきです 最初の応援といい。次の女装男子といい。 ちょっとすべっているのでそこを酷評されているのだと思うのですが そこが愛らしいと思いました。 ただ1800円はらって劇場で見ると、ちょっとと思ってしまうのかも DVDだと息抜きによかったです 最後の男性のクリームの話は男ならわかるって感じで、落ちはおまえもかよ!って感じです。

  • 5.0

    ネタバレめちゃくちゃ面白かったっアハハ

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
サビ男サビ女

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日