ここから本文です

クロス・ゲーム (2009)

LIES & ILLUSIONS

監督
ティボー・タカクス
  • みたいムービー 1
  • みたログ 18

2.00 / 評価:7件

懐かしさの漂うB級感

  • tak***** さん
  • 2011年2月5日 4時36分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

いやー。
徹頭徹尾B級作品でした。
演出も音楽も俳優たちも徹底してB級。
舞台になっている町並みでさえB級な感じです。 

いや、クリスチャン・スレイターはまだかろうじてA級半ぐらいかな?

実はこの作品、典型的なジャケ借りでした。
DVDを”新作5本で1000円”のレンタル店で4本まで決まり、最後の1本を物色していた時、新作の棚にドンと置いてあったので、何の予備知識も無くこれでいいやってな感じで借りたんですよね。

ここまでB級だとは思っていませんでしたが、これはこれで楽しめました。

どこかで見たようなストーリーとカッコ悪いアクション(笑)
中途半端で笑うトコなのかわからないギャグ。
ご都合主義のラストなど80年代に貪るように観ていた映画たちを思い起こさせました。

こういう作品をジョークではなく本気で作れるアメリカはまだまだ死んでないと思います。

とりあえずレヴュー欄に誰も書いてなかったので、一番乗りになりたくて書いてみました(笑)

映画好きで時間がある方で、かなりの作品を見尽くした方。
そんな方が新作期間を過ぎて安くなったあとに、借りる映画に困った時に観たら十分楽しめる作品です。

月に7,8本以下の本数を観る方はもっと他に観た方がいい映画があるのでそっちを観てください(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ