ここから本文です

GANTZ: PERFECT ANSWER (2011)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 284
  • みたログ 3,363

3.40 / 評価:2,009件

これは到底容認出来ない

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年5月22日 10時48分
  • 閲覧数 438
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1522作品目。WOWOWにて前作と合わせて視聴。

これはアカンでしょう。この題名は犯罪ですよ。

「パーフェクトアンサー」直訳すると「完璧なる解答、返答」
何が完璧やねん。これは罪が重い。
元が洋画で「邦題がなんちゃら」の次元の話ではなく、邦画の原題がこれ。

ガンツでは(少なくても私は)謎は多いものの、筆頭から言うと

・あの黒い玉、何なん。どこから来たん。誰が造ったん
・どうして死んだ人が輪切りになって甦るの
・どうして死んだ人が完全復活出来るの
・あのコメディみたいな宇宙人は何なん
・あれだけ街中で大騒ぎしてるのに、政府や自衛隊は何してるん
・その他、山盛りの謎

少なくても、これらが解明されて初めて「完璧なる解答」。
なのに、何ひとつ、どれ一つとして解明されてねええ。

ましてや、黒玉の中で裸で寝ている人は何なん。
主人公がラストに「黒玉裸男」と入れ替わったのは何なん。

あの加藤とそっくりサンが出てきたのも解らなかった。
コピー人間か、黒玉のエラーかと思ったら・・他の方のレビューを見て
「加藤星人」なんなんだこりゃっ!!!!!!

映画そのものは、まあ楽しめる所も大ではあったけれども、
結局「加藤vs加藤」「加藤vs主人公」で終始。

せめて「完璧」の邦題を出すのであれば、ENDロールで「実はこの黒玉は〇×で、組織は△で、今後は※※な展開になるのである」とか流せば良いのに。

繰り返しますが、完結編?完璧解答?で、何ひとつ謎が解明されないのは、これはもう詐欺とも言い切れる。駄目ですよ。到底、容認出来ず。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ