ここから本文です

星を追う子ども (2011)

監督
新海誠
  • みたいムービー 305
  • みたログ 2,468

3.20 / 評価:1970件

生きるとは何かを改めて知る作品

  • TATSUYA さん
  • 2011年5月16日 0時39分
  • 閲覧数 309
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分は面白かったと思う

様々意見が飛び交いそうな
作品であることには間違いない
その演出や脚本には。
ジブリシリーズのオマージュ作品
それが一番しっくりくる

生きるうえで
必ず乗り越えなければならない
「喪失」
それが今回の作品のテーマでもある

大切な人の死を受け入れ
もう二度と会うことの出来ないことの
意味を少女は知る

そして、自分はそれを受け入れらずに
泣くことも出来ず、寂しいということも
自分自身認められないでいる
そのこと自体に気付かない

だからどうしていいか分からず
とにかくジタバタして、
思いのままに行動を起こす
感情の赴くままに

そして答えに辿りついたとき
また一歩、大人になり
そして、生きていく

そんな大人への階段を上る
少女・少年の成長過程を描いた作品

少年時代の大切なだったもの
具体的に何かは思い出せないが
大人になる過程で失ってしまった
「大切な何か」
を、思い出させてくれる作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ