ここから本文です

OVA とある科学の超電磁砲 (2010)

監督
長井龍雪
  • みたいムービー 2
  • みたログ 18

4.33 / 評価:11件

短い時間の中で上手くまとまってる

  • キットカット さん
  • 2011年4月15日 21時15分
  • 閲覧数 299
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

このシリーズは
『とある魔術の禁書目録』という作品のスピンオフ作品です。
しかし私は本編を一切見ずに、
花澤香菜が出演しているというあれな理由で観賞しはじめました。


いやー全然問題ない。
本編見てなくてもレールガンの世界を存分に楽しめます。
壮大な世界観なんだけど、作り自体は実にシンプル!
そのため、すんなりと入っていけました。


特に最終回は燃えたなー
前半のアクションの連続でもうアドレナリンが出まくり。
ハリウッド映画を見ているかのような臨場感でした。


レールガン撃つ直前に美琴が
「黒子ーーー!!」と叫ぶくだりはお気に入りのシーン。


そして後半では胸が熱くなりましたよ。
ラストのビデオレター(?)では思わず涙が……



そんなレールガンのOVA作品がこれ。
最終回のような激しい展開やアクションはなく、
どちらかといえば大人しい感じの作品です。


しかし、30分という短い時間のなかで
『とある科学の超電磁砲』という作品の魅力がよく出ています。


「背中は私たちに任せて、美琴さんはしっかり前を向いていて」
という台詞はグッときましたよ。
あれをあのキャラクターに言わせるというのも見事。
あれは彼女が言うことによって説得力が生まれる気がする。



クライマックスの
チェイスも最終回ほどではないものの、なかなかの迫力でした。
佐天さんアイスアシスト!


短い時間の中で、
本編の主人公をチョイ役で出すサービス精神も評価したいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ