ここから本文です

少女たちの羅針盤 (2010)

監督
長崎俊一
  • みたいムービー 35
  • みたログ 243

3.34 / 評価:113件

良質の青春ミステリー

  • fg9******** さん
  • 2017年2月14日 15時41分
  • 閲覧数 486
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 犯人が暴かれてゆく「現在」と、4年前の女子高生4人が演劇に取り組む「過去」が交互に描かれて物語は進む。
 この女子高生4人は、演劇部の方針に嫌気がさし脱退し、ストリート演劇集団として自分たちの進む道を求め、やがてはある大会に出場して、スタンディング・オベーションを受けるまでに成長する。
 このストーリーだけを単発で観ていても爽やかだったが、このメンバーの一人が自殺を図り、しかし、それは誰かに殺されたのだというサスペンスが絡んで来るのだから面白くない訳がない。
 これ以上書くとネタばれになりそうなので控えるが(ネタばれ厳禁だ)、多少禁じ手かも知れないが、なかなか凝った結末が用意されていて驚き愉しめた。
 エンディング・クレジットで、オラッチの好きな推理小説作家・島田荘司が協力とあったので、なるほどと頷ける良質の青春ミステリーに仕上がった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ