ここから本文です

少女たちの羅針盤 (2010)

監督
長崎俊一
  • みたいムービー 35
  • みたログ 243

3.34 / 評価:113件

青春映画を際立たせるためのミステリー

  • lt1******** さん
  • 2011年6月14日 19時53分
  • 閲覧数 126
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作も先に読んでいたが、この作品はあくまでも青春劇だ。
普通の青春劇は、途中でアクシデントや喧嘩があっても最後は大円団となるのが創造できる。ただこの作品では殺人事件がおきることがわかっている。
だからちょっとしたトラブル、すれ違い、悩みに緊張感がでてくる。同時に殺人という影を意識しながら見るからこそ、4人の友情がまぶしくも見える。

そういった観点からみると、映画は少し駆け足過ぎたと感じるところがあった。それぞれの葛藤、嫉妬などの心理描写がもっと丁寧だったら引き込まれたのでは。
犯人は?、トリックは?といったミステリー部分は、まあオマケということで。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ