ここから本文です

学校をつくろう (2010)

監督
神山征二郎
  • みたいムービー 15
  • みたログ 30

2.95 / 評価:19件

青春映画として観た方がいい。

  • momoishou12070418 さん
  • 2011年3月3日 18時34分
  • 閲覧数 374
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

専修大学の創始者たちの話だが、学校をつくるまでのアメリカ留学の話が殆どを占めていて、学校自体はすんなりと出来てしまう。題名を「アメリカ留学生たち」に変えたほうが良いのではないかと思える。

決して悪い映画ではなく、真摯に作られた映画であるが、盛り上がりに欠ける。NHKのドキュメンタリー番組を見ているノリなのだ。彼らがアメリカに留学した当時、法律も経済も英語で話が進んでおり、日本語になっていなかった。それを大変な努力で日本語に訳し将来日本を背負って立つ若者達に自分達が教壇に立ち、知識を伝えていこうとする。その志は素晴らしい。

しかし、盛り上がらない。

映画が終わった時、拍手が起り苦笑した。専修大学の学生か、卒業生なのだろう。彼らのために作られた映画ならば、これはこのままでもいいのだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ