ここから本文です

八日目の蝉 (2011)

監督
成島出
  • みたいムービー 656
  • みたログ 5,931

3.91 / 評価:3,678件

切ない

  • maumawi さん
  • 2020年3月8日 1時32分
  • 閲覧数 1665
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自己中心的な愛、そう評される方もいらっしゃるんですね。確かにそうかも。
そもそも、不倫で妊娠させる男の妻に子どもが出来たと言っても、もうそこは既に壊れた家庭である。
妻も不倫女も被害者であり、この妻は憎さ有り余って憎悪を不倫女にだけ押し付けすぎた。悪いのは夫ではないか?子供を望んでいるのに産めない体になる、という絶望は経験した人にしかわからないのだろう、と想像する。

もちろん誘拐を褒めるつもりも認めるつもりもないが、赤ちゃんからの子育てには本物の愛を感じたし、えりながかおるの幼い記憶が蘇った時、何よりも「自分は間違いなく愛されていた」事を感じられたのでしょう。そこで、全てを憎むのではなく全てを愛する事が赦される、その先に光を見るエンディングでした。

育ての母と対面して欲しかったなー、と俗っぽい事を思いましたが、そこはないからこそこの先を想像させる良い作品なんだと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ