ここから本文です

マイ・バック・ページ (2011)

監督
山下敦弘
  • みたいムービー 404
  • みたログ 1,258

3.37 / 評価:648件

至高のラストシーン

  • pic***** さん
  • 2015年11月25日 1時08分
  • 閲覧数 2510
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

とにかくラストシーンに魅せられた映画でした。

物語の大半は学生運動をテーマに進んで行きます。正直、学生運動の是非については分かりません。ただ、そこを抜きにしてもラストシーンに全てが詰め込まれてる気がして、いつまでも心に残る映画です。


少し大きな話になりますが、人間関係って難しいなと、つくづく感じる事があります。
自分からの相手への感情と、相手から自分への感情は、多かれ少なかれズレていることでしょう。


沢田(妻夫木聡)から梅山(松山ケンイチ)への感情がそうであったように、自分の中で大きな存在の人から思わぬタイミングで裏切りを受けた時、絶望に近い感情を抱くんだと思います。

では、その逆は?

人生の中で、ほんの一瞬だけささやかな繋がりを持った人たちってたくさんいると思います。
そんなささいな繋がりでしかなかったはずの人が、何年も経った今になって、自分の事を“確かに”繋がりのある人の一人だと認識していた事が分かった時、そこにはどんな感情が生まれるのでしょうか。
また、その事に気付かず、交わることなく終わる関係性はどれだけあるものなのでしょうか。

そんな事を考えさせてくれる、切なくて優しい映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ