レビュー一覧に戻る
男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
2011年2月19日公開

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

A BETTER TOMORROW

PG121232011年2月19日公開

xgx********

2.0

うーん・・・

退屈だった。 何度か 眠りそうになった。 なぜなら、終始 先の読める展開。 「ああ、このセリフは伏線だな。だとしたら、展開としてはこうなるな」と 考えたくなくても 分かってしまう。 映画のテーマが、”兄弟愛”や”感動”なのに、先が読めすぎてしまうので 肝心かなめの 感動シーンも、(やっぱりそうなったか)という思いが先行して感動できない。意外性が無いからだ。 俳優陣は、揃いもそろって イケメン揃い。 演技は全然問題無いけど、主要人物にイケメンばかり使われるとちょっと興ざめ。 こーいう 男臭ーい 渋ーい 映画はさ、もっと年齢を重ねて深みと渋さを増した けしてイケメンとは言えないけど、”男”として魅力がにじみ出るような役者が いいんでないの? クールな面持ちの、どことなく爽やかなイケメン君たちでは、ちょっと役不足だよ。 まるで彼らのプロモーション映画を見ているようだ。 総評としては、”イケメン揃いの、安心して見れる王道ストーリ”。 ”安心して見れる”というのは、ラストまで王道ストーリーを全うしてくれるから。 私は決して王道ストーリーは嫌いではない。 安心して見れる、ディズニーのような王道ストーリーは好きだ。 でも、このての王道ストーリーはいただけない。

閲覧数481