2011年4月23日公開無料配信

ブルーバレンタイン

BLUE VALENTINE

R15+1122011年4月23日公開
ブルーバレンタイン
3.6

/ 1,026

20%
37%
29%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を何とか守ろうとする2人だったが、かつては夢中で愛し合った時期があった……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(270件)

切ない26.4%悲しい21.2%絶望的12.3%泣ける11.4%ロマンチック9.1%

  • 咲雪

    4.0

    ネタバレどっちもどっち。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぴん

    4.0

    恋愛した事ないけど・・・

    自分は結婚はおろか恋愛すらしたことが無いので、ちょと共感しにくい部分はありましたが、恋愛の始まりと終わりを見せてもらう事で、教訓のような感じに捉えました。 自分はそもそも恋愛できるのか?スタートラインにも立てないんじゃないかと 少し、落ち込みました。だってこの映画、残酷までにリアル感があるから怖くなる。血のつながりが無い娘との描写とか、お店の前で踊ってる瞬間とか。あんなに幸せで、夢中だったのに・・・こんなの自分に耐えられん・・・やっぱぼっちなのかなぁってね 思っちゃうよ。

  • あき

    3.0

    自らの失敗した恋愛を思い出す。

    真面目で努力家のシンディは早い妊娠と結婚の為に医者をあきらめて看護師になってる。ディーンは陽気で愛情あふれる男ではあるが、その愛情表現は一人よがりであり、自分の生き方を省みたり変えようとはしない。確かに愛し合った二人ではあるけれど、ディーンの歩みよろうとしない姿勢にはシンディにはため息しかでない。愛している、話し合おう、応援してるという男は具体的な行動は起こさずに、女に生活の不安と不満を丸投げしてたりする。シンディの職場に押しかけて話し合いを強制した挙句、生活の基盤を失う事になるくだりは、本当にイヤな過去を思い出して辛かった。

  • oir********

    3.0

    ネタバレ米国無教養男と努力家ビッチのダメダメ話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iam********

    1.0

    ネタバレワガママ

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブルーバレンタイン

原題
BLUE VALENTINE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日