レビュー一覧に戻る
ゲンスブールと女たち
2011年5月21日公開

ゲンスブールと女たち

GAINSBOURG (VIE HEROIQUE)

R15+1222011年5月21日公開

hon********

4.0

ネタバレゲンスブールを好きになった

20世紀を代表するフランス人アーティスト、セルジュ・ゲンスブールのお話。 ジュリエット・グレコ、ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキン…数々の美女たちとのロマンス。 全編通してヒット曲盛りだくさんで、制作秘話みたいのもみれて良い。(どこまで事実がわからないけど) 漫画家監督らしく変なキャラクターや妄想のアニメーションも見ていて楽しい。 成功したあとに、身内が亡くなり段々奇行がひどくなったり荒れていくのが痛々しい。 アーティストのドキュメンタリー等を見ていて思うのは、華々しい活躍の陰には苦悩や満たされなさがあって、だからこそすばらしい作品をつくれるのかもということ。 ゲンスブールをもっと好きになった作品。

閲覧数925