ここから本文です

引き裂かれた女 (2007)

LA FILLE COUPEE EN DEUX/THE GIRL CUT IN TWO

監督
クロード・シャブロル
  • みたいムービー 59
  • みたログ 132

3.54 / 評価:28件

一つだけ分からない所が

  • nih***** さん
  • 2015年4月22日 9時55分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

基本的には、「倒錯した男に夢中になる女、を巡る三角関係」という題材は大好物なのですが...

フランソワ・ベルレアンが出張(?)に出掛ける時に、何の目的で家の鍵を交換したのかが描かれておらず、ベルレアンの行動の目的、気持ちが分からなかった。
リュディヴィーヌ・サニエに対するSッ気なのか、それとも自分の不貞行為にこれ以上付き合わせられないということなのか...。つまり、今後二人の関係をどうしたいと思っているのか。
この辺りの欲求が後の再会のドラマで描かれた上で殺された方がいいと思うんだけどな。
再会のシーンでのベルレアンの「自分という男から君を守りたかった」という台詞が素晴らしいだけに、その辺りの変態としての心の葛藤は観たかった。

ラストの展開も、ブノワ・マジメルとリュディヴィーヌ・サニエの関係が、フランソワ・ベルレアンとのそれをなぞっていくとかの方が好みだなあ。マジメルがベルレアンの代用品として初めて二人にとっての価値や生きる場所を見出す、みたいな。
「自分が真実を打ち明けることでマジメルが減刑されるかもしれない」という葛藤は素晴らしいのだけど。
中盤以降に余計な基礎描写が多すぎて、劇の流れが気持ちよくない感じもしました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ