ここから本文です

引き裂かれた女 (2007)

LA FILLE COUPEE EN DEUX/THE GIRL CUT IN TWO

監督
クロード・シャブロル
  • みたいムービー 59
  • みたログ 132

3.54 / 評価:28件

キャラが濃い。濃過ぎる。

  • ope***** さん
  • 2011年6月1日 17時33分
  • 閲覧数 348
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

とにかくキャラが濃い。その濃縮された登場人物の起こす事を、すんなりとはなかなか受け入れられずに見ていたのは、やはり日本人としての常識の限界なんですかね。
といってフランスでもこの映画はかなり特異なものであるに違いない、とも感じましたが。
あの老作家が若い娘にもてるというのがまずは信じがたいし、そうした事が積み重なっての痴情沙汰。
実際あった話らしいですが、半分くらいから話にようやく乗れてきました。
話というよりキャラクターに現実性が出て来たというか・・・。

ヒッコックのように観客をその場に拉致しさって楽しませるというより、いろいろ疑問を感じさせながらも結局は登場人物の往く末にハラハラしている自分に気づくといったらいいのか、
巨匠のなす事は計り知れません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ロマンチック
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ