2011年4月30日公開

マーラー 君に捧げるアダージョ

MAHLER AUF DER COUCH/MAHLER ON THE COUCH

1022011年4月30日公開
マーラー 君に捧げるアダージョ
3.2

/ 20

15%
20%
35%
25%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • bakeneko

    5.0

    ネタバレなんてそっくりなアルマ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kih********

    4.0

    作曲家にも精神分析が必要でしたか

     マーラーの作品は取っ付き難い。幸い、その伝記風のDVDがあったので、ま、入門解説書のつもりで観た。そして分かった。偏狭な音楽好きなだけの私には、マーラーは近付き難い。  精神分析の権威フロイトが出て来る。作曲家マーラーは精神分析医のフロイトに相談をする。今でいうカウセリングだろう。音楽家でも画家でも、カウンセリングを受けるのか。  マーラーについては無知だが、フロイトには多少の知識がある。それで私には、フロイトの治療を受けたマーラーということになってしまう。しかし、そんなことってあるのだろうか。  有名な音楽家の場合(研究書、伝記、映画などで見る限り)、愛に生きながら、求愛・失恋・浮気・不倫の行動が大胆で、精神的振幅が激しい。彼らの場合、それが作曲の意欲にもなりモチーフにもなるものらしい。精神・神経科には行かない。そういうものだと思っていた。しかし、マーラーの場合は違っていた(これは予断と偏見の最たるものだろうけど)。  精神分析が無用というのではない。カウンセリングが無力というのでもない。が、精神科の治療を受けつつ作曲ができるのか、というのが素朴な疑問なのだ。  私には楽しい器楽曲があればいい。高度の精神性を要する作品は苦手だ。バロック音楽が鳴っていればご機嫌だ。そういう音楽は私にとってのセラピーでありカウンセリングである。音楽家が精神科に通うということは、私には理解できない。

  • taj********

    3.0

    アルマ役の女優に華が無い

    マーラーとフロイトという偉人たちがしょぼいのおっさんとして登場するのはおもしろい また、アルマの母親の能天気な人柄もよいアクセントとなっている ドキュメンタリー調の演出にはちょっととまどったが居直った演出としては有りだとおもう こうおもわせるのは演出と編集の巧みさ・迷いの無さ、映画制作者としてのレベルの高さだとはおもう。つまり、語り口は一流 が、アルマ役の女優に華が無い。とてもじゃないが、社交界の華には見えない 熱演だがそれだけに野暮ったく見える 老いを意識しはじめた男が恥じも外聞もすててしまうほどの若々しい美しさが無い アルマのほうがマーラーより長身というのも重要な条件だと思うのだがこの点でも疑問、、  マーラーのガールフレンドだったらしい歌手が登場するが、彼女の方がアルマ役に向いていたのかも、、 プロの音楽家としてのマーラーがあまりえがかれていないのもちょっと残念だった 登場人物の正体は最初からあきらかにされているので説明は不要とおもったのかもしれないし、若き妻の行動に懊悩する男の情動劇に徹したためだと思うが、このような愛憎どろどろドラマは結構安物の作品にもありがち、、 格の違いというか、格調高さあるいは高飛車な雰囲気をもうすこし盛り込んでほしかった そのためにはリハーサルとかのプロの音楽家の仕事ぶりはあってもよかったと思う アルマはこぎれいに完成した映画からはみ出るほどの華麗な存在感と違和感をそなえているべきだったと思う

  • mac********

    2.0

    バグダッド・カフェを期待してはいけない

    「バグダッド・カフェ」のパーシー・アドロン監督ということで期待して観たのだが・・・ 全く方向性の違う映画だという事はまぁ良い しかし根本的に面白くない マーラーがフロイトから診療を受けていたという事実を基に想像を膨らましたそうだが、何と言うか常識的なありきたりな膨らまし方 マーラーに対する愛が足りないんじゃないかな?

  • いやよセブン

    3.0

    天才と付き合うのは疲れる

    マーラーが若い妻アルマの不倫に悩み、フロイトの診察を受け、二人の馴れ初めからを自身が告白するパターンだが、登場人物へのインタビューのようなシーンやアルマだけのシーンがある。 最初に「出来事は事実、どうしてそうなったかについては創作」と注釈が出るので納得。 マーラーは純愛を貫くが、天才の夫に仕える妻は大変、夫が生み出す音楽は人類の資産みたいなもので、これをそばで見る事ができる喜びと同時に、創作を続けさせなくてはならない。 妻も才能があったらしいが、普通の人の範疇で、恋愛に悩むのは仕方ない。

  • tsu********

    3.0

    アダージョに秘められし愛の物語

    作曲家マーラーと彼の音楽に多大な影響を与えた19歳年下の美しき妻アルマ。その愛と苦悩の日々を、夢判断で有名な精神分析学者フロイトととの問診を交えながら綴った物語。 副題にあるアダージョとは、次の二つの楽曲を指している。 交響曲第5番の第4楽章アダージェット 交響曲第10番の第1楽章アダージョ 第5番が、マーラーが愛してやまない最愛の妻アルマへの出逢いから、愛を込めて書かれたものなら、第10番は、アルマの不倫対しての失意と苦悩の交じった中で作曲したもの。 マーラーの心境が対称的な二つのアダージョが物語の背景に響きわたる。 ただ、映画で、マーラーのプライベートでピアノをひく姿はあってもオーケストラの演奏風景がない。指揮者マーラーの姿が欲しかった。 マーラーファンには、申し訳ないが、実のところマーラーの楽曲は、あまり好みの部類ではない。意識して聴いたことがほとんどなく、映画の核となる二つのアダージョにも全く馴染みがない。そんなことから、鑑賞後、第5番と第10番、すくなくともアダージョの部分はしっかり予習しておくべきであったと後悔。曲がもたらす深みを体感できず、もったいないことをした。 マーラーファン、クラシックファンに そして出来ればアダージョの予習を。(苦笑) 2011年9月19日 シネフク大黒座にて

  • ann********

    4.0

    音楽家としては良いのかもしれないけど

    こんな旦那は嫌だな!と思った(笑) パートナーのしたいことを禁じる、 自由を奪うなんて 音楽家としては良いのかもしれないけど 非常に嫌ですね。 亀裂が入るのは当然だと思いますよー。 ストーリー自体は分かりやすいです。

  • Kainage_Mondo

    4.0

    予告編に優秀編集賞を差し上げる。

    いや~参った。原題は 「カウチの上のマーラー」 だって。要するにカウチに仰臥し、自由連想法で精神分析を受けるマーラーってことで、彼がフロイトの滞在先を訪ね、強引に一昼夜に亘って語りつづけ精神分析治療を受けるシーンから、回想が拡がってゆくという構成。勿論そんな短時間で治療できる筈もなく、結局は教会での告解と大差なく、フロイトの車中でのまとめの一言も簡潔そのもので唖然であった。あんな無茶して請求書の額はバカ高かったに違いない ・・・ 事実かどうかは判らないけれどね。 本編を切り刻んで繋ぎ合わせ、感動を予感させる見事な予告編に仕上げた宣伝部の方々は実に ・・・ 偉い ! しかも嘗ての 「ターミナル」 みたいに、予告編は感動的だが本編は屑、という訳でもなく、本編もなかなか見所たっぷりの力作だったと思うし、ねぇ~。 クラシックに不案内な私である。マーラーと言えば交響曲第5番、第5番と言えば 「ベニスに死す」 という連想しか働かない。あの映画の主人公アッシェンバッハは、マーラーをモデルにしたと言われていたし、幼い女の子の棺を見送りながら泣き崩れる母親、慰めつつ肩を抱くアッシェンバッハの姿は印象的だった。 泣き崩れていた妻はどんな人物だったのか ・・・ 映画は巻頭、事実は正確に事実、ただしそれぞれの中身は創作、という字幕を出す。音楽の才能もある社交界の花形で、全裸も厭わずクリムトの絵のモデルも務め、あちこちで浮名を流した女性アルマが、19歳年上のマーラーに嫁いだのは事実。演ずるバルバラ・ロマーナは美人で肉感的なうえに鼻っ柱も強そうで、まさに嵌り役の印象だった。唯我独尊的マーラーに不満をぶつけ、公然と浮気を宣言して離婚を口にし、それでいてマーラーの作曲や劇場監督としての才能に魅了され続ける両価性、アルマの魅力を堪能させてくれる。それに引き換えマーラー役のヨハネス・ジルバーシュナイダーは熱演ではあるが、今ひとつ魅力に乏しい感じで残念だった。 アルマの母親や、マーラーの妹、新聞記者や、ウィーン国立歌劇場の関係者の証言が挿入された不思議な構成で、マーラーの人物像が薄ぼんやりでも掴めたつもりになるから不思議だった。 パーシー・アドロン監督75歳の作品、あの 「バグダッド・カフェ」 から23年、まだまだ衰え知らずなご様子で嬉しかったなぁ~。

  • qvh********

    4.0

    沈痛なる悲劇かと思ったら・・・

    予告編では、晩年のマーラーと美貌の妻との愛憎を描いた、壮絶な人間ドラマなのかなと思ったのですが、かなりイメージが違いました。どちらかというとコメディ? あのドラマチックで重々しいマーラーの交響曲がバックに流れ、ヨーロッパの風景を映し出す映像は重厚で美しいですが、ぶっちゃけ、とぼけた初老の男性が、美貌の若妻の浮気にふりまわされるさまをコミカルに描いた映画と言っても過言ではない感じです。芸術家としての夢を砕かれた妻の苦悩も、それほど深刻にはせまってきません。でもきっと、これは監督の意図した結果なのでしょう。わたしとしては、わりと好きなテイストでした。

  • spongeabs

    1.0

    マーラーかバグダッドカフェか

    マーラーもフロイトも普通のおじさん。高次な精神性が描けていない、垣間見えない。時間の無駄なので途中退場した。

  • miy********

    3.0

    サロネンのマーラーは素晴らしい

    渋谷3本ハシゴデーの三本目は 「マーラー 君に捧げるアダージョ」です。 最近流行りなのか たまたま生誕○○周年が重なっただけなのか 偉大な芸術家の人間性を描いた映画が 日本で立て続けに公開されています。 ショパンやらトルストイやらストラヴィンスキーやら モーツァルトの姉やらプッチーニやら。 それらの映画は鑑賞していないんですが マーラーは最も好きなクラシック作曲家の一人なので 今回鑑賞してきました。 音楽家としてのグスタフ・マーラーは余り描かれず、 愛に苦悩する一人の人間としてのマーラーにスポットを当てた感じ。 上に挙げた芸術家たちの映画もそうなんでしょうか? マーラーの曲の特徴は、大規模で美しくて荘厳で壮大で 大げさで仰々しくて鬱陶しくて暑苦しいというもので だからこそ僕も大好きなわけですが、 そういったマーラーの楽曲がふんだんに使われているので 映画の方もやけに仰々しい感じがしました。 これは監督の作風によるものかもしれません。 マーラーという天才音楽家の妻となった女性の苦悩、 妻を愛する天才音楽家の苦悩、 そういった重苦しいテーマとマーラーの楽曲は 良くマッチしていたと思います。 独特の演出もあり、なかなかお勧めとはいきませんが 重々しくはあるもののそれ程長い映画でもないので グスタフ・マーラーの真実の(?)人間ドラマに 興味のある人は是非どうぞ。

  • mai********

    3.0

    だから話し合うことが必要

    キミの… 貴方の… 気持ちがわからない。 いつからそうなってしまったのだろう。 あんなに愛し合っていたはずなのに。 あんなに心通わせていたはずなのに。 いつからキミの気持ちが見えなくなってしまったのだろう。 猜疑心 不安 一度芽生えたら中々消えない心の弱さ。 どうして… こんなにも苦しいんだろう。 深い霧の中を彷徨い歩くように、キミの心を求めて彷徨っている。 こんなにも愛してるのに… これからもキミと歩いて行きたい… ドタバタしたくなる気持ちもわからないではない。 でもドタバタし過ぎでは!? そんな風に感じてしまうくらい男の情けなさに溢れてる作品です。 どんな時代でもやっぱり話し合う事は必要なんだなぁ~と思います。 あ、演奏がフルコーラスで入ってるわけではないので、そこを堪能したい人はご注意を。

1 ページ/1 ページ中