ここから本文です

モールス (2010)

LET ME IN

監督
マット・リーヴス
  • みたいムービー 297
  • みたログ 1,795

3.60 / 評価:903件

洋画で一番、

  • lim***** さん
  • 2020年5月12日 1時08分
  • 閲覧数 996
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

配信にて。昔見たことがあって二回目の視聴になります。
初見はレンタル、適当に借りてきて、夕方に見終わった頃にはチャプターメニューを開いたまま日が沈むまで何とも言えない虚無感のようなものに浸っていました。
「女の子」と言われ苛められる主人公と「私が普通の女の子じゃなくても好きでいてくれる?」と問うアビーの対比、いじめられてることに対して「やり返すの」「それでだめだったら?」「私も手伝う」からの最後のやり取り、そしてアビーの抱えている孤独とそこに寄り添う主人公、けれど二人が一緒にいるなら彼女を連れてきた父のような存在を繰り返すしかない感じの何とも言えない悲しさがいい感じに全て混ぜて表現されていると思います。
一回目の視聴後、もう一つの原作映画の方も見たんですが、「引っ越してきた」辺りの一回目の雪のシーンで見るのをやめてしまいました。よくこっちの方が派手に演出されていて良くないみたいな感想を見かけますが、一度(特に先に)アビー役の子のかわいさを浴びてしまうと今更あっちにはいけません(実はレンタルしたあとにキャリーも借りたくらいです)。原作映画を最後まで視聴していないのでなんとも言えませんが、吸血シーンの驚かせ要素(大きな音等)はあるもののそんなに派手ってこともないと思います。全体的にしっとり、いい意味で後味が悪い仕上がりです。
雰囲気重視の方はもう一方、せっかく見るなら画面の見栄え良さも考えるのであれば、こちらがオススメ。数年越しに見直してた今でも洋画の中で一番好きと言えます。また見たいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ