レビュー一覧に戻る
阪急電車 片道15分の奇跡
2011年4月29日公開

阪急電車 片道15分の奇跡

1192011年4月29日公開

buc********

5.0

どれかにグイッとやられるハズです♪

いや~ 私自身が元々こういう人間味溢れる群像劇が凄く好きなので 想像していた以上にハマった1本となりました。 (なので採点はチョット甘めです;) 予告では主役の中谷美紀さんが純白のドレス姿で元恋人の結婚式に討ち入りに行く姿や 恋人のDVに悩む女性役の戸田恵梨香さんあたりがクローズアップされていますが その他の人達のエピソードもそれぞれ相当良かったです!♪ …というか そっちのお話しの方に ” より ” 泣かされました。 予告でもチラッと出ていたと思いますけど 玉山鉄二さんと恋人とのエピソードが抜群に良く 通路を挟んで隣に座っていた中年男性(1人客)なんて本気泣きしたようで 鼻をすする音が聞こえてきたくらい。。。(私もちょっと泣いたし;;) そんな玉山さん… 最初登場した時は ”…? この俳優さん 玉山鉄二にめっちゃ似てるな~” と思ってしまったほど 作中で描写されているキャラに染まり切っていて 玉山オーラがゼロでした(笑) でもそのオーラを消してのナチュラルな役作りが本当に見事で そんなにずっと登場していた訳ではないのに凄くインパクトがあって サスガやなぁ~と。 あとは 谷村美月さんと勝地諒さんのエピソードも本当にほのぼのしていた上に 結構な笑い所で 会場のそこかしこからクスクス笑う声が聞こえてきたほど。 他にも小粒ながら良い味わいのエピソードが沢山あって とある小学生の少女のお話しから 宮本信子さん演じるおばあさんのお話しまで 誰が見ても必ずどれかのエピソードにグイッとひっかかり 思いがけず心持っていかれる内容になっていたのではないかと思います。 (関西弁が微妙な箇所があり 少し残念でしたが…;) それにしても『阪急電車 ~』という作品名だけあって 本当にドップリ阪急電車(今津線)全開でしたね~。 私自身 阪急電車には乗った事があるけど今津線への乗車経験がなく残念なのですが この作品を観乍ら ”これで今津線を利用した事があったり、あの沿線に住む人なんかが見ると こんなにクローズアップされて嬉しくて仕方ないやろな~♪” なんて思ってしまいました。 そして この作品を観終わって こんな風に見知らぬ他人同士が同じ時間・同じ空間を共有して乗り合わせ移動する 『電車』 という乗り物に対する見方(感覚)がちょっと変わったような… そんな気がします。 あくまでも移動手段の一つに過ぎない乗り物ですが 何連にも繋がった車両は 色んな人達の人生も一緒に乗せて走ってるんですよね。 私自身も電車の中で偶然乗り合わせた他人さんに声をかけたり 又は声をかけられたりして言葉を交わした事は何度かありますけど 映画のように”その先”に繋がるような出会いや触れ合いみたいな経験は無いな~… と思いつつ それでもこれから 電車に乗る度に 一緒に乗り合わせた人達の人生や背景なんかを想像(妄想?)しつつ 少し温かい気持ちで 楽しみながら移動出来るような気がしました。 アナタも 電車内で起こる様々な人間模様を 乗客の1人になったつもりで鑑賞してみては如何でしょう? 『電車』という乗り物が 少し好きになるかもしれません。 ~ エンディングに流れるaikoの主題歌『ホーム』が凄く良かったです。  スクリーンに映る満開の桜ともマッチしていて何だか元気になれました♪~

閲覧数1,402