レビュー一覧に戻る
小川の辺
2011年7月2日公開

小川の辺

1042011年7月2日公開

nse********

3.0

ネタバレ想定範囲内の結末

”清清しさ”,”ほのぼのとした”,”猛々しさ”も感じられず,”興奮”も”感動”も”笑い”も無く想定範囲内の結末で終わる平凡な作品。ただ,耳の不自由な方のため日本語の字幕を入れたり,「小川のせせらぎ」,「雨や雷の音」,「障子や門戸のあき閉めの音」といったテロップを画面にあわせて随時表示するなどの努力は高く評価できる。その結果,字幕の文字数の制約等から”早口で長々しい台詞回し”を控えざるを得なかったのかも知れない。洋画では字幕や吹替えが当たり前となっています。今後の日本映画作成の努力目標としてほしいものです。

閲覧数1,459