ここから本文です

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011)

THE THREE MUSKETEERS

監督
ポール・W・S・アンダーソン
  • みたいムービー 398
  • みたログ 2,814

3.36 / 評価:1135件

コミカル要素が素敵。

  • dia***** さん
  • 2019年3月23日 15時08分
  • 閲覧数 689
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

〈作品について〉
コミカル要素が多く、
退屈と感じることも少ないので楽しめた作品でした。
ストーリーに関しては、
丁寧ではないにしろ雑と感じることはなかったです。

〈吹き替えに関して〉
吹き替えでは、中村悠一さん、
津田健次郎さん、伊瀬茉莉也さんも参加されています。
個人的なことですが、
このお三方はアニメ色が強いので違和感がありました。
また、檀れいさんもこの作品で吹き替えをされていて、
何とミラ・ジョヴォヴィッチという大役を務めています。
そのせいでミラ・ジョヴォヴィッチが残念なことに・・・。
吹き替えで一番嫌いなのが、
「宣伝目的で声優を決める」という陳腐なお決まりごと。
それが原因で台無しになってる映画は沢山あると思います。

〈配役に関して〉
特に問題はないと思いますが、
バッキンガム公爵を演じているオーランド・ブルームが、
悪側としては物足りない感じがして違和感がありました。
彼はどちらかというと「味方側」の印象が強く、
顔立ちも整っていて悪側としてはどうしても物足りない。
私的にはポルトスを演じるレイ・スティーヴンソンが、
バッキンガム公爵になればよかったのではと思いました。


上記は私的に感じたことなので、
声優さんが好きな方やオーランド・ブルームが好きな方は、
吹き替えでも問題なく楽しめる作品ではないかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ