ここから本文です

メカニック (2011)

THE MECHANIC

監督
サイモン・ウェスト
  • みたいムービー 227
  • みたログ 2,007

3.62 / 評価:1,026件

「ア」よりもシリアス、「ト」よりも切なく

  • バツイチ王子 さん
  • 2011年8月12日 23時30分
  • 閲覧数 2058
  • 役立ち度 37
    • 総合評価
    • ★★★★★

「アドレナリン」「トランスポーター」シリーズで魅了し
すっかり、アクション俳優として出来上がった感がある
オレ的三大薄毛名優の一人、ジェイソン・ステイサム
※因みに 他はニコラス・ケイジとジュード・ロウ

また、実に彼らしいアクション映画が来た
しかし、ちょっとステレオタイプな役柄は食傷気味
正直、期待はほどほどだったのだ


しかし、今までとは少し違った

「アドレナリン」のような遊びを廃し、極めてシリアスに
「トランスポーター」にはない背負った哀愁を、切なく見せる
男のダンディズムがより色濃く出ている、ハードボイルドな傑作
軽さの少ない重厚な作りで、男臭さがこってり充満

なんでも1972年のリメイクとのこと
確かに、主人公は古めかしく昔気質な部分を感じる
ネット時代の人間関係希薄な今観ると、逆に新鮮にすら感じる

万人受けする軽めのアクションエンタメではない
だが、硬派気取った男、若しくはこういう男気を判ってくれる女性
そんな客層には、がっつり刺さるに違いない



機械のように正確な仕事から、メカニックの異名を持つ暗殺者アーサー
ある日、友人ハリーの暗殺依頼という苦しい選択を強いられる
仕事の裏にある陰謀、ハリーの息子スティーブとの師弟関係
それらにに翻弄されるアーサー、彼の運命やいかに? というお話


本作において際立つのが「美学」と「哀愁」
このこだわりが、最高にかっこいい


オープニングの仕事は「美学」の象徴

“最高の仕事は存在を知られないことだ”
暗殺を気取られず、事故に見せかけ証拠を残さない
自己顕示はなく、ただ手練の職人がごとく
躊躇いを内に押し殺し、寡黙にたんたんと実行する
この頑固なまでの流儀がすがすがしい

友人ハリーとの関係は「哀愁」の現れ

仕事の「美学」第一という生き方
一貫した生き様は揺るぎないが
同時にそれを守ることで、犠牲を払うことを強いられる
その哀しみを背負う覚悟があってこその生き方
終盤、こだわる理由の一端が見え、またそれがいい哀愁を纏わせる


また、アクションもなかなかの見ごたえ
より激しくCGを駆使してド派手に、とは敢えてしないのがいい
己の肉体を駆使した格闘は
近作に比べると地味で泥臭くも、生々しいリアルがある

トレンドの激しさのみを競うようなアクションとは少し趣が違う
それも嫌いではないが、地味ながら無骨なつくりはまた違った味がある



さらに主役ジェイソン以外もいぶし銀の活躍を見せる

スティーブ役のベン・フォスター 「X-MEN」のエンジェル役だ
あの時は、金髪であどけなさ残るヤサ男だったから
本作でのワイルドな振る舞いとヒゲ面は、そのイメージとは正反対
偉大なオヤジを持ったワガガマ小僧の葛藤が、実にイイ感じに滲んでいた

久しぶりにお会いしたのは、トニー・ゴールドウィン
「ゴースト ニューヨークの幻」のイヤな野郎と言った方が判りやすい
本作でも、相変わらずのキャラでなかなか食えない男を演じてくれる

そして名バイ・プレーヤー、ドナルド・サザーランド
息子のキーファにも見られる圧倒的存在感
脇役とはいえ、その貫禄は短い出演ながら際立っている
かなり老けたとは思ったが、その眼力、やはりハンパじゃない

ちなみに、かなりの美人さんも出てくるが
ストーリーにほぼ絡まず、セクシー場面のトッピング程度だ



サラリとしたさりげない一言が、複雑な本音を滲ませる
ちらりと見えた小道具に、セリフに代わって男の思いを語らせる
無表情な顔が滲ませる複雑な感情に、美学と哀愁が溢れている
余計なおしゃべりを削り、洗練された描写
まさに無駄ないプロの暗殺者たるアーサー、そのものを際立てる

それを分かち合った友であるハリー
彼が、アーサーに対し最後に放った言葉が重い

苦しみを背負う覚悟は出来ている
だからこそ情に流されず、意地を貫く男の美学が気高く崇高であり
男としてかくありたい、と思わせられたオレを揺さぶる


メカニック

古風な職人が纏った、軽々しく得られ無いその看板
覚悟をしてそれを背負った男に
憧れと感傷を抱かずにはいられなかった

こうなるとアーサーが暗殺者になった理由や
友人ハリーとの馴れ初めなど、彼のルーツも気になる

是非、シリーズ化してプリクエルまで作成して欲しい
ちょっと愛想なさすぎて一般受けはしなくとも
背負った哀愁と、ストイックな職人気質は
イーサン・ハントやジェイソン・ボーンにも引けをとらないから

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ