ここから本文です

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (2010)

SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD

監督
エドガー・ライト
  • みたいムービー 142
  • みたログ 854

3.29 / 評価:361件

観客をなめるな

  • htk***** さん
  • 2019年8月20日 13時55分
  • 閲覧数 621
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

エドガーライト監督の作品は今作を除いてすべて見ている。なので、今作も結構楽しみに見ようと思っていたが、見終わった後はかなり戸惑った。
というのも、シンプルにこの映画全体のムードがあざといなぁと思ったから。
わざと大げさなシーンをつくって「ここは笑うところ」と指示しているような感じがしてならない。例えば、アクションシーンとか演奏シーンで出てくるエフェクトとか擬音みたいなものが映像の邪魔をしている。戦いが始まったら「fight!」、終わったら「ko!」と格闘ゲーム風に字幕が出てくるが、わざわざそれを入れる必要があるのかなと思った。この映画全体がゲームのパロディをよくやっているのはわかるが、ダメ押しのように次々とわかりやすすぎるネタを振ってくるので、理解が追い付かない。
脚本がご都合主義になるのは仕方ないことだが、主人公の性格があまりにもクズすぎて共感すらできない。というか、この映画で共感できるような登場人物が誰一人としていないような気がする。唯一ましなのは妹とゲイの友達ぐらいとしか思えない。
ついでだが、演技とかそういうものはあまり感じられない。というのも役者のリアクション(中国系の女子高校生とか)が大きすぎるというか、「今から面白いこと言ってやるぜ、してやるぜ」って粋がる男子高校生みたいな印象を受けたから。というか、この映画で演技というものは存在していないのではとすらおもった。
きっと製作した人たちはここまでしないと笑いが起こらないと思ってこのような作品を取ったのではと思う。が、はっきり言って空回りしている。むしろ「ここまでしないとわかんないだろ」みたいな観客を下に見ているような印象を抱かせるような作品になっている。観客をなめるな、と言いたい。
考えすぎかもしれないが、初めて「ホットファズ」や「ベイビードライバー」を見たときの興奮や感動と比べると今作はあまりにも劣ってしまっている。
エドガーライト監督に興味があるのなら上の二つを見る方がよっぽど有意義な時間を送れると思う。
そういえば、本作には後々MCUで大活躍することになるクリスエヴァンズ(キャプテンアメリカ)、ブリーラーソン(キャプテンマーベル)が出演している。
映画の途中でキャプテンマーベルでもキャプテンアメリカでもまたは両方でもいいから、登場してこのバカげた茶番を蹴散らしちまえと願ってしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ