ここから本文です

管制塔 (2011)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 66
  • みたログ 642

3.35 / 評価:559件

橋本愛ちゃんが気の毒

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2021年10月10日 2時41分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督は「アオハライド」「青空エール」「思い思われ~」の三木孝浩。一貫して自閉症からの解放をテーマにした映画を撮り続けてる人。
 その出発点にして原点とも言える作品です。

 見てて思ったことをツラツラと。

 駈(山﨑賢人くん)は、女性から無茶苦茶に強引に引っ張られないとまったく動けない人。「君の膵臓~」の「僕」(北村匠海くん)もまったく同じだったな。最近はこういう男がモテるのかな。
 しかし山﨑賢人くん、失礼ながら、あんまり演技も歌もうまくないな、と、私は感じました。私は、ですけど。

 橋本愛ちゃんは、個人的には、天才だと思います。
 しかし特にこのあたりの初期は、ネクラ~な役しか回してもらえなくてちょっと気の毒。すごい演技力のある人なのに。
 この映画は彼女の魅力の10分の1も見れないです。

 ストーリーは、はっきりいってハチャメチャ。
 瑞穂(ミィ、橋本愛ちゃん)は、女子たちからちゃんと笑顔で話しかけられてるのに全部わざとブスーっと無視して駈とだけ仲良くしてたら、いじめられてもそりゃ自分が悪いって。
 駈だけの視点から映画になってるから観客は彼女に共感しがちだけど、この瑞穂っていう人、すんごい自己中で嫌なヤツですよ。
 こんな女性がいないと人と口もきけない男って、どうよ?

 外見だけで判断されてこんな女性ばかり演じさせられてイメージ固定されてる橋本愛ちゃんが気の毒に思えた、そんな映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ