ここから本文です

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011)

X-MEN: FIRST CLASS

監督
マシュー・ヴォーン
  • みたいムービー 331
  • みたログ 3,954

4.15 / 評価:2014件

エリックが超かっこいい

  • izq***** さん
  • 2020年2月28日 22時08分
  • 閲覧数 323
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャールズ、エリック、レイブンのバックグランドがわかる作品。主役はほとんどエリックで主要ストーリーはエリックの復讐。能力が半端ないのでショウのクルーズ客船を襲うシーン、潜水艇を持ち上げるシーン、米ソミサイルを撃ち返すシーンなどの豪快シーンは見所。エリック始め各ミュータントが力をコントロールできるよう特訓するシーンも面白い。

話しは第一作と同じ幼少期のエリックがアウシュビッツで母親と引き離され、能力覚醒して鉄の門を破壊するシーンから始まる。そこでドイツ軍幹部のショウに目の前で母親を殺害される。
一方、幼少期のチャールズは、自宅に忍び込んでいた幼少期のレイブンと出会う。
時代は過ぎ、復讐のためショウの居所を突き止めたエリックはアルゼンチンへ。
CIAのモイラは、ラスベガスでの潜入調査中にNATOのヘンドリー大佐がショウとその仲間のミュータントと密談しているのを目撃。ヘンドリー大佐は脅され、ミサイルのトルコ配備を進める。
モイラはミュータントについて知るために、教授なりたてのチャールズを訪ね協力を要請。CIAにチャールズ、ミスティークを招く。
ショウはマイアミでクルージング中、単身乗り込むエリック、そしてチャールズ達を乗せた沿岸警備船に攻められるが、潜水艇で逃げ果せる。エリックとチャールズはここで初めて出会う。
チャールズ、ミスティーク、エリック、CIAの研究員だったハンクが仲間に加わる。さらにハンクが開発したセレブロを使い、ミュータント仲間を集め、エンジェル、ダーウィン、アレックス(ハボック)、バンシーが集まる。このときウルヴァリンは誘いを却下。
ショウはエマフロストのテレパス能力でチャールズが仲間集めをしていることをキャッチ。ショウはCIAに乗り込み、CIA拠点を破壊し、ミュータント仲間を募るが、エンジェルのみショウについていく。
一方ショウの指示でエマフロストはソ連の国防将校を洗脳しに行くが、その動きを察知したCIAから派遣されたチャールズ、エリック、モイラらに捕まってしまう。チャールズはエマフロストから彼らの目的が米ソが核を撃ち合い第三次世界大戦を引き起こすことを知る。
ソ連に飛んだショウはソ連将校にキューバへの核配備を指示させる。
チャールズは仲間を彼の屋敷、後のエグゼビア学園に集め、戦いに備え皆の特訓を始める。
キ核配備のためのソ連の輸送船がキューバに向かう中、アメリカはキューバとの防衛海域に船が入ったら攻撃すると海軍を配備。キューバ海域での米ソ一触即発の事態にX-MENとモイラはジェット機で出動。ショウの潜水艇を発見しエリックの能力で潜水艇を浜辺に引き上げるが、ジェット機も墜落。浜辺でミュータント同士の戦いとなるが、最後はエリックがショウを殺害して戦いは終わる。
しかし、今度は米ソ海軍が浜辺のミュータントに砲撃。エリックが砲撃をコントロールして米ソ艦隊を逆に砲撃しようとするが、チャールズはそれを止めようとする中、同じくエリックを止めるためモイラが放った銃弾をエリックが弾きチャールズに命中。チャールズは下半身が動かなくなる。
チャールズは学園でミュータント達を集めて守っていくことを決心。モイラは安全のためチャールズ達と過ごした記憶を消されてしまう。
エリックは人間と戦うためにミスティークやショウの仲間だったミュータントを従え、CIAに拘束されていたエマフロストも仲間に加え、マグニートーと名乗るところで終幕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ