ここから本文です

東京公園 (2011)

監督
青山真治
  • みたいムービー 157
  • みたログ 684

3.17 / 評価:323件

解説

小路幸也原作の小説を、『サッド ヴァケイション』以来およそ4年ぶりの長編作となる青山真治監督が映画化した感動の人生賛歌。カメラマン志望の青年と、彼を取り巻く立場の違う3人の女性との関係を映し出す。主人公を演じるのは、『君に届け』の三浦春馬。彼の義理の姉に小西真奈美、親友の元カノを榮倉奈々、彼が写真を撮る女性を井川遥が演じている。東京の公園の美しい風景を盛り込んで見せる、各々の登場人物のドラマが胸に染みる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

カメラマンを目指す光司(三浦春馬)は東京の公園を巡り、家族写真を撮りためていた。ある日、彼がいつものように被写体に向けてシャッターを切っていると、突然現れた男性(高橋洋)に難癖をつけられる。ところが後日その男性から連絡が入り、公園に娘連れで出掛けるある女性(井川遥)を尾行し、その写真を撮ってほしいと依頼され……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ