ここから本文です

歓待 (2010)

監督
深田晃司
  • みたいムービー 52
  • みたログ 102

3.31 / 評価:58件

2016年にみえたもの

  • spu***** さん
  • 2016年11月1日 20時21分
  • 閲覧数 1031
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2016年11月02日、この映画を初めて鑑賞した。
印刷所を経営する家に転がり込んできた怪しい男、口がうまく人の弱みにつけこんでは周囲の人間を操縦していく。
前半はこの男が家を掻き回す反面で、客観的にみると事業や人間関係は好転していって面白かった。
しかし終盤である、どこからともなく大量の外国人がやってきた。
どこからか大量の仕事を請け負い、外国人がこなす。
そのあと警察に全員連れていかれるのだが困惑した。
言われるがまま受け入れる軟弱な亭主、留学の夢を燻らせるだけで何も出来ない年増の妹、好きでもない人と生活を送る新妻
日本人の特徴をあげつらい、なんか世界をみたら考え方変わりました。みたいな中学生レベルの話に落ちた。
オブラートに包んだ批判の仕方も気に入らなかった。前半は面白かったのに勿体ないとも感じる。
古舘寛治という俳優に興味がある人にはオススメします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ