ここから本文です

サンザシの樹の下で (2010)

山[木査]樹之恋/THE LOVE OF THE HAWTHORN TREE

監督
チャン・イーモウ
  • みたいムービー 106
  • みたログ 321

4.08 / 評価:165件

純愛物語でカモフラージュした体制批判

  • nao***** さん
  • 2020年1月23日 22時24分
  • 閲覧数 304
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実話に基づいた話。チャン・イーモウ監督は一見、純愛の悲恋物語に仕上げているが、中国政府への体制批判が2点ある。本来は中国政府に批判的なチャン・イーモウ監督はこの体制批判をしたくて、この原作を選び、この映画を制作したのだと思う。
 批判の1点目は、中国政府による核実験。ヒロインの恋人が被ばくして白血病で死んだのは、核実験で生じた放射性物質を素手で運んだからだ。
 2点目は、共産党員が特権階級で、共産党員以外は下級階層であるという共産党の独裁体制。家の格が違う共産党員と非共産党員の恋を悲恋にすることで、体制批判のインパクトを強めている。
 最後に聴衆は、原作ではこのヒロインがこの後中国国外に出て行きこの原作を書いたことを知らされる。おそらくこの原作を書いたヒロインも監督も、中国政府を批判したかったのだ。文化大革命時代の純愛物にカモフラージュしているものの、今の中国政府にも該当する批判。よく中国政府の上映許可が出たと思う。
 ちなみにチャン・イーモウ監督は高倉健が好きで、本心は親日派と思われるが、定期的に日本を悪者にした映画を作るよう中国政府に強制されている気がする。「妻への家路」を制作した時、晩年の高倉健に「やっと撮りたかった映画を撮れました」と書いてきたそうな。
 中国では体制に逆らうと国家反逆罪にされて、全てを剥奪され投獄され、映画を制作できなくなる。ギリギリの所でバランスを取りながら、時には中国政府に媚びながら、それとなく国家批判をするチャン・イーモウ監督の生き残り感覚は凄い。いつか中国政府が倒壊することがあれば、チャン・イーモウ監督は一気に今度は堂々と中国政府を批判してくるだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ