レビュー一覧に戻る
劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン
2011年7月30日公開

劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン

942011年7月30日公開

oka********

5.0

ネタバレ暗く重いが、いい

私はこの作品、ナルト映画の中で二番目に好きです。 思った以上に良かったです。今までのナルト映画は、わかりやすい敵がいて、力の差がすごくあるけどナルトのいつものど根性と仲間との連携で見事倒す!というものが多かったように思います。しかし、今回の映画は明確な敵はおらず、「自分の心を見失って化物になってしまった相手を止める」ところが、観終わったあとになんとも言えないモヤモヤ感が残ります。でも、それが新鮮で良かったと思います。 また今回はいつもの映画より、暗く重い空気が始終漂います。それは舞台が監獄ということもありますし、「無実である」というナルトに降りかかる災難、理不尽さ、また苦悩にあると思います。監獄という状況上、いつもの仲間が近くにおらず、敵か味方かわからない囚人たちばかり。先の読めない展開がなによりワクワクしました!また、無為の問いかけも良かった。今作を観て、あーナルトは成長したんだなぁと感じましたよ。なにより、オリジナルキャラクターが作品の邪魔をしていなかった点が素晴らしいと思いました。ツッコミどころはまぁ、ありますが、全体的には私は大好きな作品です。暗く重いが、それがとてもいい。

閲覧数859