レビュー一覧に戻る
劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン
2011年7月30日公開

劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン

942011年7月30日公開

s_h********

4.0

ネタバレ比較的面白いNARUTO

最近NARUTOが完結したと話題だったので久しぶりに見たくなっていたところ、テレビで放送されていたので鑑賞。この作品は初見でした。 アニメのNARUTOはアクションシーンが見どころでもありますが、この作品はそれが本当に素晴らしいものでした!スタッフ様に拍手をしたいです。 そして主人公が最後まで大活躍!いいセリフも沢山あり、涙した人もいそうですね。これがNARUTOや!って感じで清々しい気持ちで見れました。でも子供向けではないですよね、舞台が監獄って・・・。私の年代からしたらすごく面白い設定でしたが。 オリジナルのキャラも良かったです。竜舌は出てきた時点で(しかも奥義が人を生き返らせる系)この子は誰かを生き返らせて死ぬわって推測しやすかったけども・・・。 特にマロイがいいキャラしてたと思います〜。最後の方にナルト達にきちんと自分の任務のこと、ナルトが牢屋にいた時声をかけたのは自分だと公表したのも良かったし、後先考えてない感じが良かったなぁと。あぁいう適当なキャラはジャンプっぽくて良かったです。 蛙VSサトリの化け物(笑)対決は最高でした。あとビー様も!あのあたりもう少し長くやってくれてもよかった〜。 最後に木の葉勢が集結して、綱手様がきちんとナルトに額当てを返す所はほんとに良い!額当てがないとナルトじゃないよね〜〜。(ただ木の葉勢の攻撃が全て避けられた事には・・・・・・・・・) 全体的になかなか面白い作品だと思いました。 が!無為とムクがなんだか惜しいなあと思いました。まず、無為の生命力がラスボス並みにしぶとかった所、ちょっとしつこかったです。ムクにブっ刺されても生きてるし、ナルトに螺旋手裏剣浴びても生きてるし・・・。ていうか最初の時点で結構致命傷だったと思うのですが・・・。(逆にナルトの分身をした爺さんはせっかく生き延びたのにあっさり死んでかわいそうでした(苦笑) ムクとの親子愛も描き切れてないなあと感じる所がありました。自分の父親をあんな風に殺すでしょうか?最後に二人が分かち合おうとする時点でムクも無為も力尽きれば良かったのではないでしょうか。螺旋手裏剣浴びてるんですから。 途中までの展開がすごく面白かった分、最後の最後が惜しかったなと思いました。 生命力の点では竜舌もなかなかの強者でしたが・・・(ナルトは・・・まあ、九尾の力がアレだから・・・ね・・・・)ナルトと串刺し状態で最後までよく平気な顔できるってばよ。よほどポーカーフェイスが得意なんでしょう・・・。 始め〜中盤あたりは最高だったのですが、オチが色々突っ込みどころあったので星は3.5〜4つです。

閲覧数1,139