レビュー一覧に戻る
劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン
2011年7月30日公開

劇場版 NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン

942011年7月30日公開

chi********

1.0

ネタバレ台詞がとくに

ナルトが状況もわからないまま脱獄を繰り返したり、視聴者にも結局何が一番シナリオの要なのか伝わらなかったり、ナルトが死にかけてるところ木の葉の忍者が大勢出てきた割に役に経ってなかったり、ガマ親分すら登場した意味もほとんど無いし、が竜舌が死んだのにビーが「めんどくさいこと」と言ったり…元々の原作のキャラクターの性格すら反映されてない感じで「この人こんな事言う?」って思うところばかり。ムイが息子を差し出さなくちゃいけなかった苦しみや、ムクと竜舌の絆や、ナルトが里を大事にしていて、仲間の為に人を殺す強さではなく、仲間を守る強さを持っている事等、もっと重点的に描くべき描写が沢山あったのでは無いかと思います。 さらに出てくるシーンは殆どが鬼灯城という灰色の建物の中、色がついたキャラクターはナルトのみ、絵面としてもあまりに暗くて地味。内容もシリアスというよりストーリーが浅くて暗い内容。映画館で観なくてよかったとは思うけど余りに胸糞な展開です。 アクション、作画に関しては丁寧に作られていて、脱獄シーンやムイに立ち向かうナルト、サトリと戦う仲間たちといった描写は非常に美しかっただけに内容が残念すぎました。 制作はアクションシーンが作りたくてこの話にしたのか?と思いたいけど、その割りにはドタバタとは程遠い内容。 オリジナルキャラクターに中途半端な感情移入をしてしまい、結果見たあとはとにかく、モヤモヤ…。 ナルトはもっとスカッとする作品なはずなのになぁ。忍者が実際は理不尽で辛い境遇にあるのはわかるけど、そういう所に焦点をあてた暗い作品ではないしね。よくわかりませんでした!

閲覧数1,817