2011年5月7日公開

それでも花は咲いていく

1172011年5月7日公開
それでも花は咲いていく
2.9

/ 22

32%
5%
9%
27%
27%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • dou********

    5.0

    深かった。

    色んな事を経験した人には分かる繊細な物語ですね…。逆に人生経験浅い人にはまったく意味が分からず共感はできないかも…。自分にとっては素敵な映画でした。

  • nka********

    5.0

    良い映画です。

    見事に映画の出来と関係のないレビューばかりですね。犯罪に共感できないとか、そんな事言ってたらスプラッター映画は全部星1ですね。そんな意見で低評価をつける人々に映画を語る資格なし。

  • asa********

    1.0

    アブノーマルな人にはわかるかな?

    映画の評価がどうかって、その以前の問題で俺と趣味が違いすぎるので 登場人物に誰一人として感情移入できない。 とにかく気持ち悪くてつまらない

  • edo yabo

    3.0

    誰もが臆病に生きなくていいはずなのに

    前田健の短編小説3篇を映画化した作品。脚本・監督も本人が努めています。 前田健は、ゲイを公言していますが、人には言えなかった心の悩みを持ち続けていたとのこと。それは当然のことと思います。 同じように、悩みを抱く3人の男たちを主人公に、それでも生きていこうとする姿を、自らをオーバーラップさせるかのように、優しく見つめるオムニバス映画となっています。 マイノリティーの人々をテーマにしていますが、ただの少数派ではなく、性癖と言われるものはなかなか表現しにくいものです。デリケートな問題だけに扱いにくように思います。 ピュアとコンプレックスの狭間にあるもの、それは誰の心の中にも隠されているものかもしれません。 前田健の人柄、感性、痛みを知った上で育まれたやさしさが感じられます。 3つの物語の主人公は、 小学生の教え子に手を出した元有名進学塾の講師だったロリコン男(仁科貴)。 容姿の醜さにより世間に拒絶され、無人の他人の部屋に不法侵入する男(滝藤賢一)。 亡くなった最愛の母親へ思いに浸るマザコン男(平山浩行)。 多数派からすれば、どうしようもない人たちなのかもしれません。人生に対する向き合い方が間違っているのかもしれません。 決して社会は認めないかもしれませんが、ふざけているわけではなく、狂っているわけでもない。 ただ、人として、否定はしない。そう思ってくれればいい。 前田健には、せめてもの、という願いがあるんじゃないでしょうか。 主人公の彼らには愛情は十分にありますが、一般的には歪んでいると取られるもので、相手が少女だったり、見知らぬ部屋の住人だったり、母だったりすることが問題視されます。 相手が年相応の女性であれば、誰も何も言わないでしょう。 この映画の主人公たちの心の動きは、普通の恋愛です。 他人に迷惑をかけなければ、世間もひどい仕打ちはしないのでしょう。 ただし、不法侵入は犯罪なので、それ以前の問題ではあります。 現実は実に厳しい。世間との接触は直接問題となります。そんなシーンも逃げずに自らに突きつけます。 悲しく切ないけれど、その現実を抱えて、それでも花(人)は咲いて(生きて)いく。 そう表現したかったのでしょうか。 僕は決してこれらの物語を肯定しません。 でも、皆が、臆病に生きる少数派の人たちもあたりまえの存在として受け入れられるときがきたら、世界はもう少し素敵になるかもしれません。

  • haf********

    5.0

    それでも人は生きていく

    観て感じたことはとてもピュアで純粋な映画。深い映画。 私は別にそれぞれの主人公の嗜好や性癖があるわけではない。ただ、いい歳したおっさんが少女と会話することや少女から頼られることにときめいたり、不法侵入の男が顔もわからないその部屋の女性と心通わせて一喜一憂したり、自信をもったり(ラーメン屋の件)というのは、「おっさんと少女」、「不法侵入の犯罪者と部屋の持ち主の女性」という組み合わせが世間に受け入れられないのだろうけど、これが年頃の男性と女性であれば、ときめく様や一喜一憂する様は特別ではなく、そういう感情は振り返れば誰しも経験があるのではないだろうか。そういう視点でこの映画を観ていったためか、私は不快な映画というよりは純粋な映画と感じ、犯罪を看過する気はないが、主人公達の心の動きや感情に寛容なのだと思う。 ただ、厳しい現実もまざまざと突きつけてくる。これが悲しく切ない。だけどリアルである。でもその現実を抱えて、それでも人は生きていく。誰しもが少なからず心に思うことがあるのではなかろうか。 端的にいえばロリコン、女性宅への不法侵入(完全に犯罪です)、マザコンという題材だけに好き嫌いは人によってはっきり出ると思う。作品としては星4つですが、新宿での上映前初日舞台挨拶で熱い想いを語り、上映後まで残って観客ひとりひとりを握手で送り出してくれた前田健監督に敬意を表して星5つとしました。

  • man********

    5.0

    優しさが溢れ出る

    オムニバス3本とも恐るべきクオリティーだと思う。特に脚本の素晴らしさは群を抜く。優しく切なくて奇をてらわない脚本は、繊細な主人公たちの日常生活の小さなエピソードを丹念に掬い上げ、心の機微を描き出す。その上、1本目の少女のイキイキとした美しさと、3本目の母・麻生祐未の儚い美しさからは…映像の力が物語に説得力を与えているのがよく分かる。映画に救われたことがある人なら、この作品がマイノリティーを題材にしつつ、私たち皆が抱える普遍的な弱さを描いていると分かり、前田健監督の徹底的に優しい目線に癒やされるはず。間違いなく秀作。但し、この作品を素直に観るには、偏見を排除する必要がある。自分の懐の深さを試されるかもしれません。

  • aki********

    4.0

    キモ切ない。

    受け入れられるか受け入れられないか、を問われている訳ではない。どんなにひどい場所にも小さい花が咲いていたりする、それを美しく思う心が作った映画に感じます。 三話とも普段脇役で活躍してる力のある役者さんだからこそ、強烈なマイノリティーを演じきってた。脇を固める豪華な役者さんたちと素敵な音楽が鮮やかで優しい色味を添えていたと思います。 一話のヒロインの少女がすごく新鮮で可愛いのと、鰻屋のシーンがお気に入りです。 みんなどこかで変態なのかな。

  • abc********

    5.0

    最高!生きるって素敵なこと

    3本のオムニバストーリー。各々の人物のまっすぐな思いにとても共感を得られた。決して社会では認めないことであっても、平静を装う冷酷な人間より純粋に人を愛し、人のぬくもりを求める姿は愛しいと感じました。人には言えない悩みを抱え堂々と生きることに臆病な人たちの声に耳を傾けて、一緒に泣いたり、共感できたら世界は素敵になるのにと 映画を観終わって感じた。3人の姿から現在の社会に潜む闇をソフトに描いて、観終わった後には心に温かいものが残る。それは主役の役者さんをはじめ脚本、監督である前田健さんの人柄、感性がとても痛みを知った上で育まれたやさしさが要因と感じた。 ビジュアル化がもとめられ、生への描写が屈曲している映画が多い中で、今回の映画は人の心にまっすくにそして、不快感なく語りかけてくる映画だったと思う

  • cra********

    1.0

    最悪です

    全く感情移入できません。星をつけたくないくらいです。

  • ことこ

    2.0

    ネタバレ最後の一話だけでよかった気がする

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • san********

    1.0

    見どころは麻生か?

    犯罪に懐の深さも何もない!兎に角気持ち悪いのが先にきて話にならない 流石に犯罪の結末はアンハッピーで当然の結果だ。 変態を演じていた俳優に★一つだ

  • per********

    2.0

    題名が悪い

    非常に癖のある人々のお話だったが、理性と言うものはないのか 一部を除き犯罪だ、切なくともなんともない、 特に二話目の男には呆れた。 ハッピーエンドにしてくれた方がまだましだった。 仁科君の今後に期待する。間違いは犯さないように

  • スカイヤーズ

    3.0

    押しの一手、決定打が足りない!

    普通の映画であったが、申し訳ない、人に薦めることはできない 単純に私の好みではなかっただけなので深い意味はない。 前健さんが監督の三話のオムニバスで成り立っている 一話、二話共に現実の厳しさが伝わってくる、主人公にやや同情できるものの 救いの無いところが辛いか・・・三話共在り来たりの話なので新鮮味に 欠けている。 新しいオチが欲しかった。 真面目に作られているのはわかるが、何処か決定打に欠けてしまい こんなものか?で終わってしまった。 ロリコン、マザコンなど一般的には敬遠されるような主人公なので 私にはその気持ちがわからない、よって星の数は2個であるが、 前健さんの熱意といつまでも美しい麻生祐未さんに星プラス1                  終

1 ページ/1 ページ中