ここから本文です

シャンハイ (2010)

SHANGHAI

監督
ミカエル・ハフストローム
  • みたいムービー 139
  • みたログ 691

2.80 / 評価:348件

薄っぺらくて「愛」が伝わらない。

  • なつそら さん
  • 2011年12月23日 11時22分
  • 閲覧数 266
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

以前に見た「1408号室」と同じ
監督ミカエル・ハフストローム、
主演ジョン・キューザックのコンビの本作品。
「1408号室」と一緒で理解不能な箇所が多数あり、
薄っぺらでイマイチでした。

戦時中の日本を悪く描くことは私は歴史学者でもないので
正しいのか正しくないのかは正確にはわかりませんが
その部分は特筆すべきところでもないかと思います。

それよりも問題は終盤ですね。
愛がテーマの映画らしいんですが
ラストのメインキャストたちの心情がさっぱりわからない。
愛情なのか嫉妬心なのか、それとも違う感情なのか?
そこが明確に伝わってこなかったので
最終的な人間関係も良くわからずじまい・・・

結局コナーはなんでしんだんだっけ?

愛を描くにももうちょっとサスペンス的なことも
あっても良かったんじゃないだろうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ