ここから本文です

シャンハイ (2010)

SHANGHAI

監督
ミカエル・ハフストローム
  • みたいムービー 138
  • みたログ 724

2.80 / 評価:374件

The Rape of Nanking

  • oak***** さん
  • 2012年5月14日 18時33分
  • 閲覧数 663
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

自殺したアイリス・チャンが書いたベストセラーにThe Rape of Nankingがある。何らかの圧力で日本語翻訳が出版されないまま今日に到っているが、日本人のイメージを大変悪くし、あの本の出版以降付合いが無くなったアメリカ人の知人もいる。
 あの本に比べれば、本作の日本人像はまともだと思う。親父の世代の戦争犯罪を子供や孫の世代の日本人が何時まで追及されるべきかは、日本人として改めて考えるべきであろうし、近代国家で親の罪を子供まで追及される国は無いことを堂々と主張すべき時代になってきたと思う。
 臭い物にフタをするようにThe Rape of Nankingの出版を闇に葬った日本の問題にも気付くべきである。
 映画としての本作は、コン・リーのプロモーション・ビデオの趣だ。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ