ここから本文です

アウェイク (2007)

AWAKE

監督
ジョビー・ハロルド
  • みたいムービー 200
  • みたログ 989

3.49 / 評価:398件

久し振りに痛い映画

  • クロタボ_icf さん
  • 2012年5月11日 2時29分
  • 閲覧数 607
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

この場合の痛いは、最近の流行言葉のイタイではなく、純粋に観ていてこちらも痛い感覚になることです。

術中覚醒と言う実際に医療現場で起きてる事象を、上手くサスペンスとヒューマンドラマを合わせた作りとなっている映画です。

全身麻酔を受けている筈なのに、意識有り、さらにメスで切られる感覚も有りなので、もう観てるだけでイーッてなります。

超大金持ちの主人公が持病の心臓病を治すために、信頼している医師に依頼して手術を開始するのだが、術中覚醒で信じられない真実を知ると言う展開。

前半はどちらかと言うと家庭の問題に焦点を当てていて、スローな雰囲気です。

一転して後半からの陰謀に立ち向かいたくても、何も出来ない主人公の焦りと葛藤や、徐々に真実が明らかになっていくハラハラドキドキ感は、全く別の映画を観てる感覚になりますので、お得だと思います。

主人公のヘイデン・クリステンセンが意外と良かったです。
複雑な家庭や自らの心臓の問題を見つめる繊細な表情が、彼のどこか憂いを帯びた目でより際立っている印象です。

最近、母親になられたジェシカ・アルバも役にマッチしてましたね。
あんな可愛らしい奥さん欲しいなぁ…いかん、よだれが。

先述した術中覚醒のシーンなど、手術とは言え内臓がもろに出てくるのが苦手な方には辛いかもしれませんが、全体を通して良作の一つだと思いますので是非。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ