レビュー一覧に戻る
黄色い星の子供たち
2011年7月23日公開

黄色い星の子供たち

LA RAFLE./THE ROUNDUP

1252011年7月23日公開

des********

3.0

フィクション交えた伝記映画

2015/10/07、DVDで鑑賞。 タイトルからするともっと子供が物語の全面に出てくるのかと思ったが、大人目線の話だった。むしろ主役はメラニー・ロランが演じる看護婦のアネットですね。ユゴ・ルヴェルデ演じるジョー・ヴァイスマンという子役が子役の中では物語に加わってきますが、中心にいるとは言えない。 それは良しとしてこの映画の題材のヴェル・ディヴ事件、フランス政府は割と最近まで責任を認めていなかったそうですね。ナチスの命令とはいえ手を下したのは全部フランスの警官。いくら敵対していた政権が行ったこととはいえ、後の政府が国として責任を認めないというのはないですね。この映画では二人(三人かな?)子供が生き残ったことになっていますが、実際には子供の生存者はいなかったそうです。 こういう映画にあまりジャン・レノは出してほしくなかった。収容所生活しているユダヤ人にしてはなんかゴツすぎて嘘っぽく見えちゃうんですよね。なんかリアリティが無くなるというか。客寄せかな?と思ってしまう。 競輪場に集められた時、トイレが足りないのか衆人の前で女性が小便をしていたけど、衛生的に考えてそれはあったのかな?ああいう風に人を過密に収容するときは伝染病には一番注意を払うだろうし。と、こんな風に設定を疑ってしまうようになっちゃう。

閲覧数921