ここから本文です

スーパー! (2010)

SUPER

監督
ジェームズ・ガン
  • みたいムービー 159
  • みたログ 1,006

3.60 / 評価:438件

クロエもいいけどエレンもいい!

  • 一人旅 さん
  • 2019年7月5日 15時58分
  • 閲覧数 137
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジェームズ・ガン監督作。

奪われた妻を取り戻すため、悪を成敗するヒーローに変身した男の闘いを描いたアクションコメディ。

ダイナーのコックをしている冴えない中年男:フランクが、麻薬ディーラーに奪われてしまった最愛の妻を取り戻すべく、手作りコスチュームに身を包んだヒーロー:“クリムゾンボルト”となり、アメコミマニアのヒロイン:リビーを相棒にして悪党一味と闘いを繰り広げていく様子を描いたもので、同時期に作られた『キック・アス』(2010)を連想させる“なりきりヒーロー物”となっています。

気弱で根暗で小太りで顔も残念な中年男が、ダサい手作りコスチュームで正義のヒーローになりきる―という設定がユニークなアクションコメディで、スタイリッシュな演出が売りだった『キック・アス』と比べてリアルで生々しい暴力描写が特徴となっています。主人公の武器はレンチで、街で見かけた悪党を手当たり次第にフルボッコするシーンが劇中アクションの大半を占めますが、妻を奪った悪党の拠点に乗り込んでいくクライマックスの攻防では、自動ナイフ発射装置や棒型爆弾といったレンチ以外の手作り武器(+銃)が大活躍する迫力重視のアクションで楽しませてくれます。

グロ描写にも気合十分な作品で、中でも銃撃による顔面の損壊は余りにもリアルな造形となっていますし、ヒーローらしからぬ容赦のない“死体撃ち”には異色ヒーロー物としてのプライドが感じられます。

主演のレイン・ウィルソンが妻を寝取られる気の毒な亭主&自称正義の暴走ヒーローを哀愁交じりに演じていますし、彼とコンビを組むエレン・ペイジのイカレ娘っぷりも鮮烈であります。主人公の宿敵は、悪役がよく似合うケヴィン・ベーコン。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ