ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡
3.5

/ 64

19%
34%
34%
6%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)

楽しい22.9%コミカル14.6%かわいい12.5%知的10.4%かっこいい8.3%

  • nor********

    3.0

    どこまで実話?

    序盤の役者の顔の見分けがつかなくなり、やや混乱した。服の色等で判別しやすくして欲しい。前半は割りとダラダラしてるが、後半はテンポが良い。我慢して良かった。 空港のシーンは笑いと感動があった。他人から荷物を預かるなんて絶対やっちゃダメだけど、こういう人情は外国ならではなんだろうな。 それにしてもパリスの審判は、プロが商売抜きで純粋にカリフォルニアワインの方が美味しいと感じ、正体を判った上で評価したのだと勝手にイメージしていた。でもこの映画の演出では審判員達はフランスワインだと思い込んで投票していた。そして結果を知らされて嫌悪していたシーンが衝撃だった。彼等はフランスワインを勝たせたかったのだ。この映画はワインの世界の闇を見せたかったのかもしれない。 世間の評価を全く気にせずに、自分の感覚を素直に認めて受け入れるという事はそんなに難しい事なのだろうか。審判員が馬鹿に見えた。

  • rag********

    4.0

    ワイン好きにはいい

    展開はまぁまぁですが、ワイン好きにはたまりません。葡萄畑が広がるキレイな映像が多く、ワインも美しい。 あと普通に役者が豪華。キャストにもちゃんとお金かけてます。 肝心のワインの質を上げる努力はそんな描かれてなく、いきなり賞取った感あったのは残念。

  • jir********

    3.0

    女がヤ◯マンでワロタw

    破産寸前の ワイン農家が 盛り返す話なのだが ワインの工法を間違ってしまい 色が真っ茶色のワインばかりになってしまった しかしそれは実は数日経つときちんと金色のワインに戻るというものなのだが、ここに出てくるヒロイン的女も 主人公の友人と一回はやっちゃうのだが、その後主人公ともやっちゃう このワインと同じで 使い回されている 女も金髪主人公も金髪ワインも金色に、この辺りは 物語とのメタファーとして描かれているのだと思う 作品全体の雰囲気が良いので 気持ちよく最後まで見れた

  • Obst

    3.0

    事実としては面白い

    映画としてははちょっと間延びしているような感じです。 伝統や思い込みをひっくり返す事件としては面白い。世界中のワインがスタンダードになる、そうです、今では当たり前。 エキサイティングな1976年の試飲会だったろう。 今では、輸入ワインより安くて品質のいい日本のワインもなかなかです。

  • ana********

    4.0

    アラン・リュックマンが良い味出している。

    先日、お亡くなりになったアラン・リュックマンが良い味出している。 ややとぼけた感じがこの人に出せる良い部分でドラマの進行役。 実話もとにしているためものすごいドラマチックな演出は抑えられてますが作品としては良作の部類に入ります。 淡々と物語は進んでいきます。ビル・プルマンの役がもう少しドラマチックな展開入れればもう少し見応えある作品になれたかもしれないが、現実離れしすぎてもあれだしね・・・・。 佳作の上!! アラン・リュックマン氏のご冥福を祈ります。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡

原題
BOTTLE SHOCK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-