ここから本文です

ミラル (2010)

MIRAL

監督
ジュリアン・シュナーベル
  • みたいムービー 85
  • みたログ 122

3.95 / 評価:44件

わかりやすく素敵な作品

  • coc******** さん
  • 2012年4月4日 16時30分
  • 閲覧数 295
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

イスラエルとパレスチナの歴史を一般人目線で、生活やどんなことを思っているのか、そして、いろんな人がいることがよくわかりました。 

少し情緒的にも描かれていてたり、わかりやすく素敵な作品でした。
監督が「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベルというとで納得。


ミラル役がインド系だったので、気になっていたら、「スラムドッグ$ミリオネア」「猿の惑星: 創世記」の
フリーダ・ピントでした。

ヒンドゥ・フセイニ役 ヒアム・アッバスは、あまりの老け役に「画家と庭師とカンパーニュ」で観ていたことに気が付きませんでした。
しかし、ヒンドゥ先生には感服いたしました。

実話ということも感動です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ