ここから本文です

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー (2010)

TRUE LEGEND/蘇乞兒

監督
ユエン・ウーピン
  • みたいムービー 18
  • みたログ 61

3.04 / 評価:23件

構成には問題あり

  • オーウェン さん
  • 2012年3月13日 11時44分
  • 閲覧数 1298
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

酔拳といえばやはりジャッキー・チェンが演じたものが代表的だが、その師匠であるスー・サン。
つまりは酔拳を作った創始者のお話。

スー・サンは義弟のユアンに王座を譲って隠匿生活に入ったが、父の恨みのためユアンはスー・サンを激流に投げ込み、子供を奪う。
生死の境から復帰したスー・サンは子供を奪還すべく、修行に励む。

普通にカンフー映画でよくあるシナリオだが、監督がユエン・ウーピンのためワイヤーアクションが目白押し。
ただCGをアクションに混ぜるのはいかがなものか。
そのせいでアクションの爽快感を犠牲にしている部分がある。

そして後半も3分の2程進んだところで、ようやくこれが酔拳の物語だったと思い出す。
前フリが長すぎたせいか、ほとんど酔拳を意識することがなかった。
おまけになぜ酔うと強くなるのかの説明がない。結果的にでは納得しづらい。

チウ・マンチェクやアンディ・オンなどのアクションは充分見れるが、タイトルのせいで損をしている作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ